close

2021-10-23

【箱根予選会】駿河台大が徳本監督就任10年目に悲願の初出場「箱根では何かやりそうな」チームに

宙を舞う駿河台大の徳本監督

10月23日(土)9時35分に陸上自衛隊立川駐屯地内周回コース(ハーフ)で行われた第98回箱根駅伝予選会。駿河台大が8位に入り、箱根初出場を決めた。2016年の東京国際大以来、6年ぶりに初出場校が箱根路を走る。

荒れるなと思っていた

立川駐屯地内の1周2.567㎞の周回コース。スタートラインには強い向かい風が吹き、快晴で気温も上がった。駿河台大の徳本一善監督はこの気象条件に「荒れるなと思っていたので、その荒れたなかでいい方向に荒れた一校でありたいね」と選手たちを送り出した。

明大以外の常連校がスロースタートとなるなか、駿河台大は5㎞の通過順位が7位と好調な出足。15㎞地点では常連校が続々と浮上したが、10位とぎりぎり圏内に踏みとどまっていた。「ラスト5㎞の勝負だと思っていました。想定どおりの展開で、最後はとにかく粘り倒せと」という徳本監督のプランどおり、駿河台大はここから踏ん張りを見せて、18㎞時点では9位、最終的には国士舘大、昨年出場校の専修大を上回り、8位まで順位を上げて、悲願の初出場を勝ち取った。最終学年を迎えた留学生のブヌカ・ジェームス(4年)が1時間02分15秒で個人6位とタイムを稼いだのはもちろん、3年生エースの清野太成からチーム7位の永井竜二(3年)までが1時間3~4分台とまとめ、徳本監督が事前に勝敗を左右すると見ていたチーム8~10位も1時間5分台で滑り込んだ。

レース後、法政大2年時の箱根で1区区間賞を獲得したときにタスキを手渡した法大の坪田智夫監督から「おめでとう」と声を掛けられ、「ありがとうございます」と返した徳本監督。駿河台大監督就任10年目の節目に箱根に指揮官としてカムバックする。この10年を「長かったようで短かったようで、実感がなくて、もう少し時間が経たないと整理できないのかな」というが、箱根ですべきことは分かっている。

「僕が現役時代はどうやったら面白くなるのかなと考えてスタートラインに立った記憶があるので、ウチらしい、駿河台大学って何かやりそうだよねと思ってもらえるようなチームづくりをしてスタートラインに立たせたいなと思います」。箱根路をワクワクさせる初出場チームになりそうだ。


初出場を勝ち取った駿河台大メンバー

箱根本戦出場10チーム
1位 明治大(4年連続63回目)10:33:22
2位 中央大(5年連続95回目)10:37:38
3位 日体大(74年連続74回目)10:39:32
4位 山梨学大(2年連続35回目)10:41:15
5位 神奈川大(12年連続53回目)10:41:57
6位 法政大(7年連続82回目)10:42:12
7位 中央学大(2年ぶり22回目)10:43:08
8位 駿河台大(初出場)10:44:47
9位 専修大(2年連続70回目)10:44:58
10位 国士舘大(6年連続50回目)10:45:51

文/内田麻衣子 写真/椛本結城、矢野寿明

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事