close

2021-10-31

【ボクシング】高山涼深がキャリア優る千葉開を下し5連勝

2度ダウンを奪った高山(右)が5連勝を飾った

全ての画像を見る
 30日、東京・後楽園ホールで行われた53.0kg契約8回戦は、日本スーパーフライ級10位の高山涼深(たかやま・すずみ、25歳=ワタナベ)が、日本バンタム級9位の千葉開(ちば・かい、28歳=横浜光)を76対75、77対74、77対73の3-0判定で破り、5連勝(4KO)をあげた。

写真_小河原友信

 3回に右からの返しの左フックで、5回には左ストレートでカウントを数えさせた高山。全勝全KOこそ逃したものの、5月の前戦でタイトルマッチ(東洋太平洋バンタム級王座決定戦、vs.中嶋一輝=大橋、判定負け)も経験し、キャリアに優る千葉を下したのはいい経験となったはずだ。

 サウスポーの高山が初回終了間際に効かせた左ストレートが、試合の流れをかたどった。千葉は右へ右へとステップを刻み、高山に腰を捻らせない位置取りを選択。自身は右ストレート、フックを見せておき、返しの左フックを上下に打ち込みたかった。ゆったりとしたリズムに持ち込んだのも、千葉の描いたとおりだったかもしれない。

 だが、早い段階で左を見せられた千葉は、右を強打しようという意識が強まってしまったように思う。3回に腰を落としてダウン宣告されたが、打ち気にはやる高山に右ショートを決めて腰砕けにさせ、逆転KOチャンスを握ったが、荒々しく決めにいったスイングは空を切り、仕留めることができなかった。

千葉(左)は大きなビハインドを背負い、引き出しの多さを披露できなかった
千葉(左)は大きなビハインドを背負い、引き出しの多さを披露できなかった

 過去にダウン応酬もしのいで勝利した経験のある高山は、より冷静だった。千葉の空振りを誘い、コンパクトに左、右フックを合わせていくボクシングを貫いた。ダメージを与えて攻め込む際の防御が甘く、千葉はそこを狙っていたが、決めの一手だけは最後まで防ぎ切った。

 キャリア、引き出しの多さでは上回っていた感のある千葉だが、それらを生かすことができなかった。16戦13勝(8KO)3敗。初の判定勝利となった高山は、左を意識させておいての右フックが光った。これをもっと生かせるようになれば、新たな武器となるはずだ。

渡邉卓也がランカー対決制す/藤田が接戦制し富岡を破る

渡邉(左)が立ち上がりから三瓶を圧倒した

渡邉(左)が立ち上がりから三瓶を圧倒した

 スーパーフェザー級の日本ランカー対決、4位の渡邉卓也(DANGAN AOKI)対8位、三瓶数馬(協栄新宿)の一戦は、初回から力強い攻めが光る渡邉が2回2分57秒でTKO勝ちを収めた。
 これが49戦目(37勝21KO10敗1分)になる32歳の渡邉は、坂晃典(仲里)の持つ日本タイトルに挑んで痛烈なTKO負けを喫してからのカムバック戦。26歳の三瓶(20勝9KO6敗)もここ3年で5勝1敗と星勘定こそ安定しているが、なかなか上位進出の足がかりがつかめない。勝ったほうだけが新しいチャンスをつかみ取る。そんな顔合わせだ。
 長身の渡邉はサウスポーの三瓶に対し、先に先にとパンチを出していき、一気にリズムに乗った。2ラウンドには右ストレートを浴びた三瓶がダウン。ダメージは深くそのまま立ち直れない。ふらり、よろりと足もとが定まらない三瓶に、渡邉の激しいアタックが続く。およそ2分後、あまりにも遅いレフェリーストップでやっと試合は終わった。

藤田(左)は強打の生きる距離を得て有効に戦った
藤田(左)は強打の生きる距離を得て有効に戦った

 63.0kg契約8回戦は、2019年度新人王スーパーライト級西軍代表の藤田裕崇(ふじた・やすたか、26歳=三迫)が、日本ライト級7位・富岡樹(とみおか・いづき、24歳=角海老宝石)を77対75、77対76、75対77の2-1判定で下し、日本ランク入りを濃厚とした。
 移籍初戦の富岡は、フットワークと左ジャブにキラリと光るものがあるのだが、この日は立ち上がりから足を止めて、スイッチを頻繁に繰り返すパワーパンチャー藤田の距離に身を置いた。新たなスタイルを模索し、手応えを感じての行動だろうが、藤田のパンチが生きる距離で、自らのリズムを失う結果となってしまった。
 藤田はいかにもパワフルな左右フックをどこかに当てて、左右アッパーを差し込む。3回には富岡の左目上をカットさせ、腫れあがらせもした。
 それでも富岡は接近戦や中間距離での戦い方をやめず、左ボディブローで藤田にダメージを与えた。それが功を奏しかけもしたが、手を出せば届く距離が期せずしてある藤田は、必死に耐えて、パワフルなパンチを振るい続けた。
 9戦8勝(6KO)1敗となった藤田は、防御の甘さを攻撃力でカバーする戦い方が生きる試合。日本王座挑戦を含め3連敗となった富岡は、自らの良さを消してしまう戦い方だった気がする。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事