close

2021-11-08

【アメフト】警視庁、トップリーグ「X1スーパー」昇格まであと1勝 

【警視庁 vs 富士フイルム】第4Q残り13秒、警視庁WR中嶋が逆転TD=撮影:小座野容斉

全ての画像を見る
アメリカンフットボールのXリーグは、11月7日、横浜スタジアムで、「X1エリア」第5節残りの2試合と、日程変更による第1節1試合の計3試合を開催した。警視庁イーグルスが4勝目(1敗)を挙げ、トップリーグの「X1スーパー」昇格にあと1勝とした。また、電通キャタピラーズが手痛い2敗目を喫した。

【第1節】
警視庁イーグルス○21-16●富士フイルムミネルヴァAFC

【第5節】
アズワンブラックイーグルス○31-21●ブルザイズ東京

ペンタオーシャンパイレーツ○14-7●電通キャタピラーズ

(2021年11月7日、横浜スタジアム)

 X1スーパーは現状の8チームが、来季から12チームに拡大するため、今季のみ特例でX1エリアから上位4チームが自動昇格するが、第5節終了時で3敗以上のチームは可能性が消えた。

 すでに、アサヒ飲料チャレンジャーズ、アサヒビールシルバースターの2チームが昇格を決め、残りの枠は2。4勝1敗のイコールワン福岡SUNSと警視庁イーグルスは、最終第6節で勝てば、他チームの結果に関わらず昇格が決まる。3勝2敗のディアーズフットボールクラブと電通キャタピラーズは、自力昇格はない。最終戦に勝って、4勝2敗としたうえで、他チームの結果待ちとなる。


X1エリアの今季の順位決定方法は以下の通り。

(1)、リーグ戦終了時点での勝ち点
(2)、(1)で並んだ場合、当該チーム間の直接対決における勝敗
(3)、(2)で決着しない場合、当該チームの対戦相手の勝ち点数の合計
(4)、(3)で決着しない場合、当該チームが勝利した対戦相手の勝ち点数の合計
(5)、(4)で決着しない場合、抽選(当該チーム代表1名によるコイントス)
【パイレーツ vs 電通】第4Q残り2秒で、決勝のTDを挙げて喜ぶパイレーツのRB藤井=撮影:小座野容斉

【警視庁 vs 富士フイルム】第4Q残り13秒で、逆転TDを挙げた警視庁WR中嶋=撮影:小座野容斉

【小座野容斉】

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事