close

2021-11-04

【アメフト】慶大、横国大が来季関東TOP8へ 慶大は3年ぶりの復帰

明学大に快勝し、3年ぶりTOP8復帰を決めた慶大=関東学生アメリカンフットボール連盟提供

全ての画像を見る
10月30・31日に開催されたアメリカンフットボール関東大学1部BIG8の第2節4試合の結果は次の通り。

1部BIG8 Bブロック(2021年10月30日、アミノバイタルフィールド)

横浜国立大学マスティフス○42-26●国士舘大学ライノス
駒澤大学ブルータイド○30-23●日本体育大学トライアンファントライオン


1部BIG8 Aブロック(2021年10月31日、アミノバイタルフィールド)

青山学院大学ライトニング○21-7●神奈川大学アトムズ
慶応義塾大学ユニコーンズ○46-7●明治学院大学セインツ

 この結果、Aブロックは慶大が、Bブロックは横国大が、第3節を待たずにそれぞれ1位を確定した。
 関東学生アメリカンフットボール連盟(KCFA)は、新型コロナウィルス感染症による特例で、今秋のリーグ戦終了後のチャレンジマッチと入れ替え戦は実施せず、TOP8にはBIG8の上位2チームが、自動昇格する。このため、慶大、横国大は来季の関東学生1部TOP8への昇格も決まった。慶大は3年ぶりのTOP8復帰、横国大は現行のTOP/BIGの制度では初昇格となった。
 慶大のAブロック1位は、第3節で敗れても、2勝1敗で並ぶ可能性のある青学大、明学大に勝利しているため。横国大のBブロック1位も、同様に並ぶ可能性のある駒沢大、国士舘大に勝利しているため。慶大と横国大は第3節(11月20・21日)の後、12月5日にBIG8の1位決定戦で対戦する。今季のTOP8とBIG8は原則として降格はない。来季、1部TOP8とBIG8は、いずれも10校で編成されることになる。(写真は関東学生アメリカンフットボール連盟提供)

国士舘大を破って、TOP8昇格を決めた横国大=関東学生アメリカンフットボール連盟提供

日体大を破った駒沢大=関東学生アメリカンフットボール連盟提供

神奈川大を破った青学大=関東学生アメリカンフットボール連盟提供

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事