close

2021-11-04

【NFL】パッカーズQBロジャースが新型コロナ陽性でチーフス戦欠場、マホームズとのMVP対決は消滅

COVID-19 陽性判定でチーフス戦を欠場するパッカーズのQBロジャース。第8週は全勝のカーディナルスを破っていた=photo by Getty Images

全ての画像を見る
米プロフットボールNFL、グリーンベイ・パッカーズのQBアーロン・ロジャースが、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の陽性であることが分かった。公式サイトのNFL.comやスポーツ専門局ESPNなどが伝えた。ロジャースは、現地11月3日朝に陽性と確認され、リザーブ/COVID-19リストに登録された。パッカーズは11月7日の第9週チーフス戦ではロジャースは出場せずに、控えQBで、2020年ドラフト1巡指名のジョーダン・ラブが先発すると明らかにした。

 NFL.comによると、ロジャースは、リーグのCOVID-19プロトコルに従って、10日間強制的にチームを離れなければならない。ロジャースが最短でチームに復帰できるのは、第10週のシーホークス戦の前日、11月13日となる。

ワクチン接種済みなら、出場できた可能性

 NFL Networkのイアン・ラポポート、マイク・ガラフォロによると、ロジャースがワクチン接種を受けていなかったことが、今回の措置で判明したという。ロジャースは8月に、ワクチン接種を受けたかどうか報道陣に質問され「私は免疫されている」と答えていたという。

 ESPNによると、NFLのCOVID-19プロトコールでは、ワクチン未接種の選手が陽性となった場合は、仮に無症状であっても、最低10日間の隔離が義務付けられる。一方、ワクチン接種を受けた選手が陽性判定後に無症状の場合、24時間の間に2回の検査で陰性となれば隔離の必要がなく、チームに合流できるという。つまり、ロジャースがワクチン接種を受けていた場合は、7日のチーフス戦に出場するチャンスがあったことになる。

 パッカーズはここまで7勝1敗でNFC北地区首位。NFC全体でも、ラムズと並んでトップを走っている。第8週は全勝のカーディナルスを破って、7連勝としていた。チーフスとの対戦は、第8週一番の注目カード。ロジャースは2020年のMVPで、2019年のMVP、チーフスQBパトリック・マホームズとの対決も話題を呼んでいた。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事