close

2022-01-08

「オカダ・カズチカ、棚橋弘至、新日本プロレス、すべて見返してやる」NOAH・清宮海斗が世紀の対抗戦へいざ出陣【週刊プロレス】

ブーメラン・フォアアームで躍りかかった清宮海斗

 7日、NOAH横浜大会で清宮海斗が1・8横浜アリーナにおける新日本プロレスとの対抗戦に向けて最後の決意表明をおこなった。

 この日は稲葉大樹と組んでスペル・クレイジーと日高郁人と激突。清宮は日高からジャンピング・ニーからそのままフォールに入って3カウントを奪取。1・4後楽園の潮崎豪戦、1・5後楽園メインの10人タッグ、1・6横浜の稲葉戦に続いて、4連勝で正規の対抗戦へと臨む。

「オレ自身が一番NOAHを信じてきたんだよ。向こうの発言、今までの聞いてると見下されてる感じがするよな。ふざけんな! 許さないよ。今までのNOAHの闘いを見てきたことないだろ。今までやってきたことすべてに誇りを持ってやってきたんだよ。オカダ・カズチカ、棚橋弘至、新日本プロレス、すべて見返してやるよ。NOAHが、オレたちが、一番の闘いなんだってオレが見せるよ」

 清宮は新日本1・8横浜アリーナ大会のメインで武藤敬司と組んで、IWGP世界ヘビー級王者のオカダ、IWGP USヘビー級王者の棚橋と対戦。NOAHの未来を担う25歳が団体の命運を左右する一戦を前に奮い立っている。
 
 プロレス業界をけん引する新日本プロレスとNOAHによる約5年ぶりの対抗戦は開催発表から注目を集めており、大会のチケットは完売。インターネットTV「ABEMA」のPPVで生配信される。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事


RELATED関連する記事