close

2022-03-27

【ソフトボール】選手が選ぶ何でもランキング(2)変化球投手No.1は?

変化球投手部門で1位に輝いた上野由岐子(ビックカメラ高崎)

全ての画像を見る
ソフトボール・マガジン5月号(3月24日発売)に掲載した『選手が選ぶ何でもランキング』。この企画は、2021年に日本女子1部リーグに所属していた選手の皆さんへのアンケート結果をもとに、全10部門の「ナンバーワン」をランキング形式で発表したものです。今回はソフトボール・マガジンWEBでその一部を紹介します(本誌では5位まで掲載)。昨年はベテラン選手が多く引退し、新たな顔ぶれがランキング上位に多数登場。JDリーグを牽引する選手としても注目です!

1位=72票
上野由岐子(ビックカメラ高崎)
【選出理由】
いろんな球を投げていて、何を投げたのか分からない/ライズもドロップも完成度が高過ぎる/どのボールの変化も異次元/器用だし、こんなに球種を持っている人はいない!/全て一級品/あり過ぎて、何種類あるのか気になる

変化球投手部門で1位に輝いた上野由岐子(ビックカメラ高崎)
変化球投手部門で1位に輝いた上野由岐子(ビックカメラ高崎)

2位=19票

ダラス・エスコベド(豊田自動織機)
【選出理由】
ライズがめっちゃ上がって見える/ドロップの落ち方がすごい!/ライズとドロップの高低差が大きい/球のキレ、変化がすごい/いつもボールが動いている/曲がり過ぎてて審判がかわいそう、ダラスもかわいそう

変化球投手部門2位のダラス・エスコベド(豊田自動織機)
変化球投手部門2位のダラス・エスコベド(豊田自動織機)

3位=18票
ジョーダン・テーラー(戸田中央)
【選出理由】
分かっていてもチェンジアップが当たらない/チェンジが消える…/消えるチェンジ!今年こそヒットにしてやる!


※本アンケートは2021年シーズンの日本女子1部リーグ所属チームの選手にご回答いただきました。
※本アンケートは無記名で行われ、2022年シーズンのJDリーグでプレーする選手の中から、各部門で原則1名を選んでいただきました。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事