close

2022-06-08

【陸上】日本選手権・男子100m、10秒05の参加標準突破へ世界選手権イヤーに強いサニブラウンは前日会見で「タイムはついてくる」

左からサニブラウン、桐生、多田、小池

オレゴン世界選手権選考会を兼ねる第106回日本選手権が6月9日(木)~12日(日)までの4日間、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われる。注目の男子100mに出場する4選手が前日会見に臨み、意気込みや現在の調子について語った。

男子100mのオレゴン世界選手権参加標準記録は10秒05。現時点でこの記録をクリアしている選手はまだいないため、順位とともに参加標準記録を突破できるかが焦点となる。

サニブラウン「やるべきことをやれば」

今季の日本勢トップタイムは10秒15。前日本記録保持者のサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)が拠点とするアメリカで3月にマークした。4月末には追い風参考ながら10秒08(+2.1)も出している。

東京オリンピックに出場した昨シーズンは腰の痛みに悩み、「身体にガタがきている状態で走っていた」という。すでに痛みや違和感はなくなり「あとはもうやるだけ。やるべきことをやればタイムは勝手についてくる」と話した。2017年、19年の“世界選手権イヤー”での優勝に続き、今大会も“勝ち”を引き寄せられるだろうか。

サニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)
サニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)

桐生は順調な回復ぶりをアピール


2年前の王者の桐生祥秀(日本生命)は4月の出雲陸上を10秒18(+1.5)で制したが、右ハムストリングスの違和感で織田記念、セイコーゴールデングランプリ(GGP)を欠場。「出雲から2カ月開いたので初戦のようなイメージ」とレースに臨む心境を語った。

「この数週間はいつもどおりの練習ができて、今は違和感なくこの場に立っている」と順調な回復ぶりをアピール。世界選手権を見据え「今季はまだ10秒1台しか出せていないので世界との差がまだある。試合を重ねてタイムを出すのが自分の仕事」と力を込めた。

桐生祥秀(日本生命)
桐生祥秀(日本生命)

2連覇を狙う多田は今季一番の調子

前回王者の多田修平(住友電工)も桐生と同じく“復帰戦”に臨む。GGPは左太もも裏の違和感のため当日に棄権。その後、軽度の肉離れと診断された。

「ケガ明けで少し不安はある」と口にしつつも「今季でいえば調子は一番いいくらいに上がっている」と自信ものぞかせる。2連覇がかかる今大会は「チャレンジャーとして挑みたい」と話し、優勝と標準突破に全力を尽くすつもりだ。

多田修平(住友電工)
多田修平(住友電工)

今季順調な小池は準決勝で狙う

今季、順調にレースを重ねてきたのは小池祐貴(住友電工)だろう。4月にアメリカでシーズンイン。織田記念を10秒49(-3.3)で制したあと、静岡国際の200mを挟み、GGPは10秒22(+0.1)で日本人トップの2位と安定した成績を残している。

今回も100mと200mの2種目に出場予定。100mは10日が決勝となるが「明後日は雨が降りそうなので、明日の準決勝で良いコンディションをつくって一発狙いたい」とプランを明かした。

注目の4選手のほかにも、富山県選手権で10秒17(+1.7)をマークした福島聖(富山銀行)、関東インカレを10秒1(-0.2)で制した栁田大輝(東洋大1年)らも虎視眈々と代表入りを狙っている。今大会に向けてさらに調子を上げていれば、例年にも増して男子100mは混戦模様となりそうだ。

小池祐貴(住友電工)
小池祐貴(住友電工)

文/荘司結有 写真/日本陸連

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事