close

2022-06-16

ジャンボ鶴田がアメリカ武者修行出発2日後にいきなりデビュー! エル・タピアに勝利!!【週刊プロレス昔話】

法被姿のジャンボ鶴田

全ての画像を見る
1973年3月22日、盛大な見送りの中、アメリカへ武者修行に旅立った全日本プロレス期待の“ジャンボ”鶴田友美は、24日にテキサス州アマリロ入り。ドリー・ファンク・シニア、テリー・ファンクの2人に出迎えられ、その日の足でTVスタジオに連れていかれ、いきなりデビュー戦をおこなった。

鶴田はエル・タピアをノックアウトして、デビュー戦勝利。次の日から早くもトップ選手扱いでテキサス、ニューメキシコ、コロラド、アリゾナ各州を舞台に暴れまくった。

さっそくシニアのお眼鏡にかなった鶴田の対戦相手は、ザ・ビースト、カール・フォン・スタイガー、ニック・コザック、ファーゴ兄弟といった海千山千の選手たち。リッキー・ロメロ、テリーらは鶴田と組んで指導側になっている。

すでに悪役ナンバーワンとの呼び声高いハンク・ジェームズ(ボボ・ブラジルの弟)を叩き潰すのは鶴田だろうと噂も出ているほど。全日本プロレス期待の大器はアメリカの地でさっそく大旋風を巻き起こしていた。

週プロmobileプレミアムは加入月0円! バックナンバー1200冊以上から最新号まで読み放題!!

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事


RELATED関連する記事