close

2022-06-19

【ボクシング】剛拳炸裂! ベテルビエフ、2回TKOで3冠統一。“アップセット・キング”スミスも歯が立たず

右の剛拳を叩き込むベテルビエフ。どこに当たっても効かせてしまう凄さ

全ての画像を見る
 18日(日本時間19日)、アメリカ・ニューヨークのマジソン・スクエアガーデン“ザ・シアター”で行われた世界ライトヘビー級3団体王座統一戦12回戦は、17戦オールKO勝利のIBF&WBC王者アルトゥール・ベテルビエフ(37歳=ロシア/カナダ)が、WBO王者ジョー・スミス・ジュニア(32歳=アメリカ)からトータル3度ダウンを奪い、2回2分19秒TKO勝ち。3本のベルトを掌中に収めた。

文_本間 暁(WOWOWオンデマンド観戦)
写真_ゲッティイメージズ

 強い。強すぎる。先日、ノニト・ドネア(フィリピン)を粉砕した井上尚弥(大橋)。その試合直後と同様、あきれるほどの凄さに驚嘆するばかりだ。これまで数々の番狂わせを演じてきた、強靭な精神と肉体を持つスミスも、まったく歯が立たなかった。

 身長、リーチに優るスミスが、開始ゴングと同時にプレッシャーをかけて前進。左を伸ばして右スイングを思いきり叩きつけていく。だが、オリンピックに2度出場し、世界選手権優勝のキャリアも持つベテルビエフは、プロのリングではめずらしくフットワークを使って左右へとサークリング。左グローブできっちりと側頭部を守り、スミスの強打をキャッチした。勇猛果敢なスミスのスタイルをしっかりと研究し、この出だしを予期していたのだろう。2分ほどはスミスのプレスを悠然と受け止めながら、右カウンターのタイミングを計っていた。

スミスの右スイングを、しっかりとした左ガードで受け止める
スミスの右スイングを、しっかりとした左ガードで受け止める

 元来、両ガードを開き気味にし、リラックスした状態に構えるベテルビエフ。強打を叩き込む意思を持つスミスのブローは、どうしてもフック系になる。だからガードはサイドに置いてそれをしっかり止めた。が、予想外だったのはスミスの左ジャブ。腕を絞ってキャッチする場面もあったが、意外にもガード間に入り込んでくることだったろう。ゆとりを持って、スミスを引きつけていたベテルビエフだが、スミスのジャブに、さらに鋭いジャブをリターンしつつ、前に出ることを選択。コンパクトで強い連打を放ち始めた。

 2冠王者は顔面へのジャブはもちろんのこと、ボディへのジャブ、右ストレートのボディブローもまぶす。ベテルビエフといえば、顔面への豪打が印象強いが、こういった細かく地味な技を見逃してはならない。スミスのプレスを止め、下がらせる効果は絶大だった。

 しかし、それでもスミスは勇敢だった。ベテルビエフの連打に果敢に応戦するが、どうしても軌道が大きくなってしまう。ベテルビエフはこれをかわしつつ、右フックをテンプルに叩きつけると、WBO王者はあっさりとヒザを着いた。スミスにとって、これがキャリア初のダウンだという。

 2ラウンドに入ると、ベテルビエフはもう、勝負を決めにきた様子で前に出る。スミスの右を外して右を決めてふたたびヒザを着かせると、右アッパーからの左右連打でグローブを着かせて3度目。最後はじっとスミスの動きを観察しながら左右アッパーをアゴにヒットさせ、右ショートフックでテンプルを打ち据える。ガクっとヒザを折ったスミスが、体をコントロールできずに泳がせて後退すると、レフェリーが試合を止めた。

 母国ロシアが批判の的の世界情勢となり、それをまともに受ける形で大ブーイングを浴びて始まったこの試合。だが、会場のスミスファンも、あまりにも恐ろしいその強さに、呆気にとられるほかなかった。

 相変わらずの硬い拳、インパクトの瞬間に最大の力を集めるパワーを見せつけたベテルビエフ。しかし、それらに目を奪われて見失いがちな確かな技術、ここにも彼の真髄がある。

「もう1試合、統一戦をしたい」。ビボルとの同国人対決は世界が待ち望んでいる
「もう1試合、統一戦をしたい」。ビボルとの同国人対決は世界が待ち望んでいる

 一躍パウンドフォー・パウンド1位に躍り出た井上尚弥のバンタム級4団体統一、ウェルター級3団体王者エロール・スペンス対WBO王者テレンス・クロフォード(いずれもアメリカ)。これらの4団体統一戦に加え、ベテルビエフと、先月、カネロ・アルバレス(メキシコ)を破ったWBA王者ドミトリー・ビボル(ロシア)との1戦も「世界のボクシングファンが観たいカード」。実現が待ち望まれる。

「私はこれまで2度統一戦をしてきた。もう1試合にももちろん興味があります」。3冠王は当然、ビボル戦を望む発言をした。
 IBF6度目、WBC3度目の防衛にも成功したベテルビエフは18戦オールKO勝利。敗れたスミスは32戦28勝(22KO)4敗となり、王座統一とともにWBO王座2度目の防衛はならなかった。

五輪連続金のラミレスは快勝

ノバの左に右をかぶせるラミレス。プレッシャーをかけ続けての快勝だった
ノバの左に右をかぶせるラミレス。プレッシャーをかけ続けての快勝だった

 セミファイナルに登場した、五輪2大会連続金メダリスト(ロンドン=フライ級、リオデジャネイロ=バンタム級)のロベイシー・ラミレス(28歳=キューバ)は、WBO4位のエイブラハム・ノバ(28歳=アメリカ)とのフェザー級10回戦で5回2分20秒KO。USBA(全米)&WBOグローバル同級王座を獲得した。
 サウスポースタイルのラミレスは、上体を沈ませたり、左右へ揺すったりのボディワークでノバの目や反応を吸い取って、パンチを打つタイミングを惑わせた。ガードは落ち気味で、連打を打つと危ういタイミングに見えるシーンもあるのだが、ノバには合わせる余裕がなかった。5回、いったん体を沈めるワンフェイントを入れ、右フックを目の前に通過させてから左ストレート。この一撃でノバは背中からキャンバスに倒れ込み、起き上がれなかった。
 ラミレスの戦績は11戦10勝(6KO)1敗。初敗戦のノバは22戦21勝(15KO)1敗となった。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事