close

2022-07-23

【ソフトボールの魅力とは?】日本精工ブレイブベアリーズ編

休刊前最終号となるソフトボール・マガジン9月号が、7月23日(土)に発売となりました。最後は、競技者&読者の皆さんと、ソフトボールの魅力について語り合えたらという思いを込めて、『ソフトボールが好きだ!』という特集タイトルを付けました。

 特集内では、JDリーガー、日本リーガー、一般競技者、指導者、ソフトボールファン、審判員&記録員の皆さんにアンケートにご協力いただき、競技を「する」「みる」「ささえる」といった立場から、ソフトボールの魅力についてあらためて語ってもらいました。ここでは誌面で紹介し切れなかったJDリーグ全チームのアンケート回答をご紹介していきたいと思います。


日本精工ブレイブベアリーズ
<質問内容>
Q1.あなたが今もソフトボールを続けている理由は?
Q2.ソフトボールのどんなところに魅力を感じるか。
Q3.ソフトボールをしていて最も幸せな瞬間は?
Q4.ソフトボールをより魅力的なスポーツにするには?
Q5.あなたにとってソフトボールとは?

<選手の回答>
■松尾ほの華(4年目/内野手)

A1. 応援してくれる人がいるから。恩返しするためです。
A2. 野球とは違ったスピード感と、他競技とは比べものにならない難しい動きや頭脳が必要なところです。
A3. やっぱり勝利したとき。チームの特色を生かした勝ち方をしたときはなおさらうれしいです。
A4. まず知ってもらうこと、見てもらうことです。
A5. 自分の見せ場です。

有元 茜(1年目/投手)
A1. 楽しいからです。
A2. 努力が報われるところです。
A3. 勝ったときです。
A4. 宣伝です。
A5. 日常です。

栗原ななみ(1年目/投手)
A1. ソフトボールが好きだからです。
A2. 練習した分だけ結果がついてくるところです。
A3. 試合に勝った瞬間です。
A4. プロ野球みたいにテレビで放映することです。
A5. 好きな仕事です。

山田 玲菜(3年目/投手)
A1. 活躍したいからです。
A2. 展開が速いところです。
A3. 練習の成果を発揮できたときです。
A4. ルールを知らなくても楽しそうと思ってもらえるようにすることです。
A5. 人生をかけて、真剣に向き合いたいものです。

後藤明日香(1年目/投手)
A1. 実業団という最高峰の場で挑戦したいと思ったからです。
A2. 野球よりもスピーディーなところです。
A3. チームが勝ったときです。
A4. SNSなどで、たくさんの方にソフトボールを知ってもらうことです。
A5. 自分らしさを見出せるものです。

重石 華子(7年目/捕手)
A1. ソフトボールが純粋に好きだから。家族が応援してくれているからです。
A2. スピード、どんな体型でも活躍できるところです。
A3. ホームランを打った瞬間、周りの歓声が挙がるときです。
A4. テレビに出演したり、観戦者や競技人口を増やすことです。
A5. 違う自分になれるものです。

■桑畑 詩乃(2年目/捕手)

A1. 携わってくれた方に恩返しをするためです!
A2. スピードです。
A3. 強いチームに粘って勝ったときです。
A4. ファンと触れ合う機会をつくることです。
A5. 生きがいです。

沢 柚妃(4年目/内野手)
A1. いつも支えてくださる周りの方への恩返しのためです。自分のプレーで元気を与えられるようにと思うことで頑張れています。
A2. スピードです。
A3. チーム全員で勝ちを掴つかんだときです。
A4. ファンとの交流です。
A5. 生活の一つです。

須藤 祐美(2年目/内野手)
A1. ソフトボールがない生活が想像できなかったからです。
A2. いろいろな感情を味わえるところです。
A3. 勝てたときです。
A4. たくさんの人にソフトボールを知ってもらうことです。
A5. 当たり前のようにあるものです。

黒木 美佳(5年目/内野手)
A1. 上達するためです。
A2. いろんな人に応援されるところです。
A3. 活躍して試合に勝利したときです。
A4. ファンとの交流を増やすことです。
A5. 人生の半分以上プレーしてきたスポーツです。

■南方麻留実(6年目/内野手)
A1. ソフトボールが好きだからです。
A2. 一人じゃできないところです。
A3. チームの勝利に貢献できたときです。
A4. ソフトボールをもっとたくさんの人に知ってもらうことです。
A5. 人として成長させてくれたものです。

上原依万里(11年目/内野手)
A1. 応援してくれる人がいるからです。
A2. 奥が深く、やればやるほど面白いところです。
A3. どんなときでも応援してくれる人がいると実感できたときです。
A4. 体験できる場をつくることです。
A5. 人としても成長でき、いろいろな経験ができるものです。

松本 由佳(6年目/内野手)
A1. 恩返しがしたいからです。
A2. スピード感です。
A3. 頑張りが報われたときです。
A4. もっとテレビ放映を増やしたらいいと思います。
A5. 本気で向き合えるスポーツです。

久保 和咲(3年目/内野手)
A1. ソフトボールが楽しくて好きだからです。
A2. 体格差関係なく誰でも活躍できるところです。
A3. 自分が打った打球がホームランだと確信した瞬間です。
A4. ファンの方にソフトボールの面白さを知ってもらうことです。
A5. 私の人生に欠かせないものです。

岡田 莉歩(3年目/内野手)
A1. 恩返しのためです。
A2. 一人じゃ勝利できないところです。
A3. 努力が結果へとつながったときです。
A4. ソフトボールの良さをもっと多くの人に知ってもらうことです。
A5. 今までの人生にとっても欠かせないものです。

■於保 伊吹(2年目/外野手)

A1. 楽しいからです!!
A2. 全員で勝利をつかむことです。
A3. チームメイトに褒められたときです!!
A4. もっとソフトボールを広めてたくさんの人に知ってもらいたいです。
A5. なくてはならないものです!

田中 瑠莉(7年目/外野手)
A1. ソフトボールが好きだからです。
A2. 野球とは違うスピード感です。
A3. 試合に勝ったときです。
A4. たくさんの人に観てもらうことです。
A5. 仕事です!

髙原 侑里(6年目/外野手)
A1. 目標があるからです。
A2. チームプレー、かっこ良さです。
A3. 勝ったとき、友人や家族の前で打てたときです。
A4. もっとたくさんの人に見てもらうことです。
A5. 仕事、生活の中心です。

宮村 美葵(2年目/外野手)
A1. ソフトボールが好きだからです。
A2. スピード感です。
A3. 勝ったときです。
A4. もっといろんな人に知ってもらうことです。
A5. 楽しいものです。

酒井 愛香(3年目/外野手)
A1. 今のプレーに納得していないからです。
A2. スピード感です。
A3. 練習してきたことが試合でできたときです。
A4. 観客を増やすことです。
A5. 喜びを感じるものです。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事