close

2022-07-30

KENTAが自伝「足跡」宣伝中止を発表「G1に集中する」【週刊プロレス】

KENTA

30日、新日本プロレス名古屋大会でKENTAがエル・ファンタズモと組んで、タマ・トンガ&邪道組と対戦。試合はファンタズモがサドンデスで邪道から勝利を収めた。

試合後のバックステージでKENTAはひとしきり「太った」カメラマンをいじった後、神妙な表情となった。そして、これまでG1シリーズ中にも関わらず、自伝「足跡」の宣伝を精力的にやりすぎたことを猛省…。

「今、G1中じゃん。G1中なのに…しかも、オレ、連敗してるのに、『オマエ、なんで自伝の宣伝してるんだ』って声がどうしてもあるわけ。だから、自伝の宣伝は…毎回言って、結局してるんだけど、今回だけは本当にやめよう。やめる、やめるって言って結局やってる自分がもう恥ずかしくなってきて。オレはもう自伝の宣伝はここではやめようと思ってる。一切やめようと思ってるから。わかった? G1に集中する。結局、オレが何を言いたいかって言うと、自伝のことは一回忘れて、G1に集中するってこと!」

KENTAは7・17札幌大会のザック・セイバーJr戦、7・26後楽園大会のEVIL戦と連敗。2戦0勝2敗で勝ち点0のCブロック最下位とすでに崖っぷちに立たされている。

現在は自伝の宣伝よりも8・2浜松大会の後藤洋央紀戦での巻き返しが急務。ということで、バックステージにおける自伝の宣伝を中止するに至ったようだ。ちなみに、なぜかKENTAがコメントする時だけ、インタビューバックには自伝「足跡」の表紙がプリントされた紙が2枚貼ってあった。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事