close

2022-09-26

ソフトボール女子日本代表・山田恵里が今季限りでの引退を発表

北京五輪、東京五輪での金メダル獲得に貢献するなど、長きに渡りソフトボール日本代表を牽引してきた山田恵里

全ての画像を見る
北京五輪、東京五輪でソフトボール女子日本代表の主将を務め、金メダルを獲得した山田恵里(デンソー)が9月26日、今シーズン限りでの引退を表明した。山田は2002年、神奈川の厚木商業高校から日立へ進み、2021年にデンソーへ移籍。21年の長きに渡って実業団チームでプレーし、首位打者5度、本塁打王1度、打点王1度、ベストナイン14度、新人賞1度と数々のタイトルを獲得。日本代表としては6度の世界選手権、アテネ、北京、東京と3度の五輪に出場し、1学年上の上野由岐子(ビックカメラ高崎)とともに、日本のソフトボール界を牽引してきた。

 現在、山田の所属するデンソーは、今春からスタートした女子ソフトボールの新リーグ「JDリーグ」の東地区でビックカメラ高崎に次ぐ2位を走り、11月5日(土)から始まるプレーオフ進出を決めている。レギュラーシーズンは残すところ第13節(10月2日、3日/千葉県浦安市)、第14節(10月15日、16日/静岡県掛川市)、第15節(10月22日、23日/神奈川県横浜市)の6試合となっている。


山田のコメントはデンソー公式サイトに掲載。
https://brightpegasus.denso.com/news/4531/

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事