close

2022-11-19

残されていた“首の皮一枚の絆”みちのく10周年でサスケvsデルフィン禁断の一騎打ち実現【週刊プロレス昔話】

禁断だったサスケvsデルフィン

全ての画像を見る
2003年11月2日、東京・有明コロシアムで開催されたみちのく10周年の舞台で、ザ・グレート・サスケとスペル・デルフィンの一騎打ちが実現した。

みちのくを離脱し、その後、大阪プロレスを旗揚げしたデルフィン。サスケとは犬猿の仲にあったが、わずかに残されていた“首の皮一枚の絆”で禁断のシングルマッチはおこなわれ、最後はデルフィンがデルフィンスペシャル2号で勝利を飾った。

サスケは「プロレス界はバカ野郎ばっかだね。俺はガンコ親父ですよ。どこまでいっても…」との言葉を残した。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事