close

2022-11-23

【相撲編集部が選ぶ九州場所11日目の一番】2敗同士のサバイバル戦は髙安が落ち着いて錦富士を降す

相手に食いつかせることなく、落ち着いて錦富士を降した髙安。豊昇龍戦はすでに終わっているが、残りも勝ち続けてチャンスを待ちたいところ

全ての画像を見る
髙安(押し倒し)錦富士

今場所好調な2敗同士のサバイバル戦は、髙安が錦富士を押し倒して2敗を守った。
 
まず注目されたのは立ち合い。髙安はいつものように右のカチ上げではいくはずだが、錦富士は横への動きも鋭い力士なので、おそらく髙安にとっては、思い切りいきすぎても見すぎてもダメで、この“当たり具合”がなかなか難しい相手のはずだ。
 
そして結果からするとこの日の当たり具合は絶妙だった。上体を一発で起こすほどではなかったが、相手が狙ってきた左前ミツは阻止。すぐに右へ回ってイナし、左差しを狙う。これは振りほどかれたが、今度は中に入らせず突き押しで向正面に追い詰めた。最後は左手を引っ掛けられながらも体を預けて押し倒し。

「我慢して、しっかりついていこうと思いました。腰がしっかり落ちて相撲が取れました」と髙安。今場所前はなかったそうだが、秋場所前は伊勢ケ濱部屋に出稽古に出向いて錦富士とも体を合わせているだけに、その経験が、立ち合いの絶妙な当たり具合など、この日の相撲内容にも投影されたのだろう。

「ケガで陥落して、1、2年しんどい時期があったんですけど、めげずに努力してきましたんで、今年は1年通していい相撲が取れていると思います」(髙安)。すでに1敗で前を行く豊昇龍との対戦が終わっているため、他力本願にはなるが、このあとも着実に星を重ねて、努力が実るチャンスの到来を待ちたいところだ。
 
一方、錦富士は、安治川親方(元関脇安美錦)からの「廻しが堅いんで、廻しにこだわらず」というアドバイスを生かし、「動きで(勝負)という感じで、それを実行しようとしたけど、ダメでした」と、3敗に後退。今場所はこれまでにも増して、動きの鋭さと力強さを兼ね備えた相撲を見せていただけにチャンスかと思われたが、優勝争いという面ではトップと2差と苦しくなった。それでも、新入幕から3場所連続二ケタ勝利の快挙には届く可能性が十分あるだけに、残り4日間に期待だ。
 
この日は前日まで1敗だった王鵬が、阿炎の突っ張りに圧力負けし、相手に引かせるような場面を作れず敗れて2敗。豊昇龍は御嶽海を右四つ左上手で一気に寄り切って1敗を守った。明日12日目はこの同期入門の若武者2人が直接対決。豊昇龍が勝ってそのまま初優勝へ突き進むか、王鵬が待ったをかけて、髙安あたりも含めた混戦に再び持ち込むか。残り4日だが、明日が終われば優勝争いの形はかなり見えてくるはずだ。

文=藤本泰祐

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事