福岡県・福岡市総合体育館で開催された第93回金鷲旗高校柔道大会。7月24日の最終日に男子団体戦決勝が行われ、今春の全国高校選手権で2年連続10回目の優勝を果たした国士舘高(東京)が、大牟田高(福岡)を破って栄冠に輝いた。

※写真上=男子優勝の国士舘高。金鷲旗では2年連続11回目の戴冠となった
写真◎近代柔道

【男子結果】

優 勝:国士舘高(東京)
準優勝:大牟田高(福岡)
第3位:作陽高(岡山)、日体大荏原高(東京)
第5位:習志野高(千葉)、木更津総合高(千葉)、大成高(愛知)、崇徳高(広島)

【男子優秀選手】

斉藤立、岡田陸(国士舘高)
森健心、竹市大祐(大牟田高)
髙橋翼(作陽高)、グリーンカラニ海斗(日体大荏原高)
飯塚大貴(習志野高)、唯野己哲(木更津総合高)、大竹龍之介(大成高)、福本佑樹(崇徳高)

【関連記事】

おすすめ商品


This article is a sponsored article by
''.