8月9日から13日に鹿児島アリーナで開催される今年のインターハイ。女子個人戦は12日に48kg級・52kg級・57kg級、そして最終日の13日に63kg級・70kg級・78kg級・78kg超級が行われる。男子同様、各クラスに実力の高い選手が数多く出場し、初戦から決勝まで見応えのある戦いが予想される2日間。そのプレビューをお届けしよう。

※写真上=48kg級の優勝候補一番手、古賀若菜(南筑高)。すでに国内のシニア大会や国際大会でも実績を残している逸材のパフォーマンスに、熱い視線が注がれるだろう
写真◎近代柔道

女子個人戦展望

48kg級は古賀若菜が最有力。70kg級は朝飛真実(桐蔭学園)と桑形萌花(夙川)が2強

48kg級

 古賀若菜(南筑)がダントツの優勝候補。7月のGPモントリオールで見事に優勝を果たし、シニア国際級のステージに歩を進めた。インターハイ2連覇も濃厚といえるだろう。古賀を追うのが今年の高校選手権を制した吉岡光(八千代)。その他の有力選手は、山口弘衣(創志学園)、山口さき(埼玉栄)、宮城杏優菜(沖縄尚学)、西村瑞穂(立命館宇治)、桑田彩菜(淑徳)、出口華(夙川)、中馬梨歩(国分中央)、白石響(熊本西)。さらには原田瑞希(柳ヶ浦)、田中愛夢(新田)、市原遥(鶯谷)、吉田さくら(札幌北斗)らも力をつけている。

52kg級

 19年高校生選手権準優勝の藤城心(富士学苑)を中心に優勝争いが繰り広げられそうだ。藤城は袖釣り込み腰に威力を持っている。彼女を追うのが高校選手権3位の川田歩実(修徳)と、18年全中3位の塩原未々(松商学園)。そして吉田涼(沖縄尚学)、新部梨花(健大高崎)、永井風歌(木更津総合)、前川夏海(福井工大福井)、古里幸永羽(長崎明誠)、髙橋安未(夙川)、白土涼乃(土浦日大)、多田薫(敬愛)なども注目すべき選手だ。

57kg級

 岡田恵里佳(立命館宇治)がインターハイ連覇を狙う。今年の高校選手権は8強止まりだったので、リベンジに燃えているのは間違いない。また、中水流りり(渋谷教育学園渋谷)は春夏連覇を視界に入れて臨む。この2人を軸に優勝争いが展開されそうだ。他の有力選手は九州チャンピオンの大森朱莉(敬愛)、藤原遥果(平田)、西川みはる(広島皆実)、新名彩乃(夙川)、中橋優香(創志学園)、谷朱音(富士学苑)、袴田佳名瑚(藤枝順心)、江口凛(桐蔭学園)など。

63kg級

 高校選手権2位の小斉穂奈美(富士学苑)、全日本カデ優勝の矢澤愛理(松商学園)、同2位の石岡来望(創志学園)、高校選手権3位の鈴野杏優(横須賀学院)らが優勝争いの先頭グループ。その他、期待値の高い選手は畑田暁菜(夙川)、山口葵良梨(大牟田)、本田詩乃(広島皆実)、川上智加(北陸)、渋谷萌々音(埼玉栄)、俊百々香(名張)、そして地元開催に燃える古城菜南美(国分中央)や、関東チャンピオンの谷岡成美(渋谷教育学園渋谷)、奥井花奈(大成)ら。

70kg級

 朝飛真実(桐蔭学園)は高校選手権で超級相手に優勝。技術はもちろん、パワーも折り紙つきだ。また、桑形萌花(夙川)は同大会準優勝で、やはり大きい相手も苦にしない力を持つ。両選手が優勝争いの先頭に立つはずだ。2人を追うのは小鮒未来(前橋育英)、立川真奈(新田)、佐藤星麗七(埼玉栄)、佐々木南(北海)、山下朱音(松商学園)、髙木水月(敬愛)、田嶋海佳(帝京)、辻ななる(津端)、瀬戸亜香音(富士学苑)など。

画像: ※写真上=70kg級は、高校選手権の無差別決勝で相対した朝飛真実(左)と桑形萌花の実力が突出している 写真◎近代柔道

※写真上=70kg級は、高校選手権の無差別決勝で相対した朝飛真実(左)と桑形萌花の実力が突出している
写真◎近代柔道

78kg級

 高校選手権無差別3位の黒田亜紀(富士学苑)が優勝候補筆頭で、彼女を追うのが杉村美寿希(比叡山)と高山美憂(藤枝順心)、そして18年インターハイ3位の丸山みかの(敬愛)。また、関東チャンピオンの池田紅(藤村女子)や九州チャンピオンの山本楓花(長崎明誠)、中田杏子(児玉)、松本りづ(大成)、小坂理佳子(八戸西)らの躍動も楽しみ。

78kg超級

 実力伯仲の階級。有力選手としては平野智萌(富士学苑)、新井万央(夙川)、橋口茉央(佐賀商業)、八巻衣音(広陵)、毛利かえで(新田)、波多江楽良(淑徳)、外間蘭(沖縄尚学)、米川明穂(藤枝順心)らが挙げられる。その中では、経験豊富な八巻と米川が着実に上位ラウンドへ進出しそうだ。

大会日程

9日(金)開会式/男子団体戦3回戦まで
10日(土)男子団体戦4回戦~決勝/男子個人戦60㎏級、66kg級、73kg級
11日(日)男子個人戦81㎏級、90kg級、100kg級、100㎏超級/女子団体戦2回戦まで
12日(月)女子団体戦3回戦~決勝/女子個人戦48㎏級、52kg級、57kg級
13日(火)女子個人戦63㎏級、70kg級、78kg級、78㎏超級

会場

鹿児島アリーナ
住所=鹿児島県鹿児島市永吉1-30-1
アクセス=JR「鹿児島中央」駅よりバスで約10分、「中草牟田」「鹿児島アリーナ前」下車。「鹿児島中央駅西口」よりバスで約6分、「鹿児島アリーナ前」下車

関連記事

近代柔道 2019年8月号


This article is a sponsored article by
''.