10月16日から20日まで、モロッコのマラケシュで行われる世界ジュニア代表18名が発表になった。先日行われた全日本ジュニアの優勝者に、実績を考慮されて男子66kg級の桂嵐斗選手(日本大1年)、60kg級・市川龍之介(東海大2年)、女子78kg級・和田梨乃子(三井住友海上)、48kg級・古賀若菜(南筑高3年)が招集された。

男子

100㎏超級 松村 颯祐(東海大学2年)
 100㎏級 神垣 和他(明治大学2年)
  90㎏級 増山 香補(明治大学3年)
  81㎏級 竹市 大祐(福岡・大牟田高校3年)
  73㎏級 塚本 綾(日本体育大学2年)
  66㎏級 武岡 毅(國學院大学2年)・ 桂 嵐斗(日本大学1年)
  60㎏級 末松 賢(明治大学2年)・ 市川 龍之介(東海大学2年)

女子

78㎏超級 髙橋 瑠璃(山梨学院大学1年)
 78㎏級 黒田 亜紀(山梨・富士学苑高校3年)・和田 梨乃子(三井住友海上火災保険㈱)
 70㎏級 朝飛 真実(神奈川・桐蔭学園高校3年)
 63kg級 浦 明澄(日本体育大学1年)
 57㎏級 袴田 佳名瑚(静岡・藤枝順心高校3年)
 52㎏級 川田 歩実(東京・修徳高校2年)
 48㎏級 渡邉 愛子(東海大学1年)・古賀 若菜(福岡・南筑高校3年)

関連記事

近代柔道 2019年9月号


This article is a sponsored article by
''.