10月6~8日にブラジルで開催されたGSブラジリアに日本から5選手が出場、81kg級の永瀬貴規、100kg級の飯田健太郎が優勝を飾った。そのほか73kg級の橋本壮市と52kg級の角田夏実が3位となった。100kg超級の影浦心は初戦でフランスのリネールと対戦、GSの末、惜しくも「技あり」で敗れた。なお、GSブラジリアに出場した選手は、11月2、3日に千葉ポートアリーナで行われる講道館杯は免除される。

日本人選手結果

73kg級  橋本 壮市(パーク24) 3位
81kg級  永瀬 貴規(旭 化 成) 優勝
100kg級  飯田健太郎(国士舘大)  優勝
100kg超級 影浦  心(日本中央競馬会) 2回戦敗退
52kg級  角田 夏実(了徳寺大学職)3位

画像: ※写真上=73kg級表彰 写真◎IJF

※写真上=73kg級表彰
写真◎IJF

画像: ※写真上=100kg級表彰 写真◎IJF

※写真上=100kg級表彰
写真◎IJF

画像: ※写真上=52kg級表彰 写真◎IJF

※写真上=52kg級表彰
写真◎IJF

画像: ※写真上=小内刈りでリネールを攻める影浦 写真◎IJF

※写真上=小内刈りでリネールを攻める影浦
写真◎IJF

関連記事

おすすめ記事

近代柔道 2019年10月号


This article is a sponsored article by
''.