2月8日にフランスで開幕したグランドスラム・パリ、2日目は男子81kg級、90kg級、100kg級、100kg級超・そして女子70kg級、78kg級、78kg超級の7階級が行われた。男子100kg超級では、10年間負けなしのリネールを影浦が破る大金星を挙げるも、優勝にはあと一歩届かなかった。女子70kg級決勝は大野陽子(コマツ)と新添左季(自衛隊体育学校)の日本対決となり、大野が見事な一本背負い投げで勝利した。日本勢は通算金3、銀5、銅5のメダルで大会を終えた。

※写真上=100kg超級3回戦でリネールを破った影浦

写真◎IJF

【男子】

画像: ※写真上=リネールを内股すかしで破った影浦(白) 写真◎IJF

※写真上=リネールを内股すかしで破った影浦(白)
写真◎IJF

◆81kg級

優勝 M.カッセ(ベルギー)

2位 S.ボルタボエフ(ウズベキスタン)

3位 A.バロアフォルティエ(カナダ)

3位 藤原崇太郎(日本)

◆90kg級

優勝 N.シェラザディシビリ(スペイン)

2位 長澤憲大(日本)

3位 A.クレルジェ(フランス)

3位 I.F.シルバモラレス(キューバ)

   村尾三四郎/3回戦敗退

◆100kg級

優勝 P.パルチック(イスラエル)

2位 V.リパテリアニ(ジョージア)

3位 A.アダミアン(ロシア)

3位 M.コレル(オランダ)

   羽賀龍之介/3回戦敗退

    飯田健太郎/2回戦敗退

◆100kg超級

優勝 H.フロル(オランダ)

2位 影浦 心(日本)

3位 A.グランダ(キューバ)

3位 I.タソエフ(ロシア)

【女子】

画像: 【女子】

※写真上=70kg級決勝

写真◎IJF

◆70kg級

優勝 大野陽子(日本)

2位 新添左季(日本)

3位 G.ハウエル(イギリス)

3位 A.ベルンホルム(スウェーデン)

◆78kg級

優勝 M.マロンガ(フランス)

2位 F.E.ポスビット(フランス)

3位 梅木真美(日本)

3位 K.アントマーチ(キューバ)

◆78kg超級

優勝 R.ディッコ(フランス)

2位 M.スルツカヤ(ベラルーシ)

3位 B.ソウザ(ブラジル)

3位 R.ヌネス(ポルトガル)

   冨田若春/2回戦敗退

関連記事

おすすめ記事

近代柔道 2020年2月号


This article is a sponsored article by
''.