close

2020-12-27

プレイバック!箱根駅伝2020 5区 区間新3人の山上りを制し、青学大・飯田が悠々と逃げ切る

区間新記録が3人も出る激戦の5区だったが、青学大・飯田は、国学大・浦野、東海大・ 西田らの追い上げを許さない着実な走り。往路新記録で3年ぶり往路優勝を決めた

全ての画像を見る
2021年1月2日、3日に開催される第97回箱根駅伝の直前に1年前のレースを区間ごとに振り返る。第96回大会は、青山学院大が2年ぶり5回目の総合優勝。出雲の覇者・国学院大、全日本を制した前回王者の東海大を振り切った。5区は青学大・飯田が国学大・浦野に一時は詰められながらも、最後は差を広げて往路を制した。

青学大が2位国学大に1分33秒差で往路優勝

 前回の区間1~3位の浦野雄平(国学大)、西田壮志(東海大)、青木涼真(法大)に加え、畝歩夢(中央学大)、畝拓夢(中大)の5年ぶり3組目の双子対決など、話題は多い5区だったが、青学大の独走は変わらなかった。飯田貴之(青学大)は前半から中盤にかけて、浦野に詰められたが、全く危なげない走りで、 最後は逆に5秒勝ち、2位の国学大に1分33秒差でフィニッシュ。往路優勝を期した国学大も、青学大の勢いと強さに兜を脱いだ。


国学大の浦野(左)は前年の自身の記録を9秒縮めたが、青学大・飯田との差を詰められず。区間賞は東洋大の宮下(右)

 東国大が驚異的な粘りで3位に盛り返し、一時は前の2校を追う勢いだった東海大は終盤で失速し4位のまま。青学大に逆転が難しい3分22秒の大差となった。往路は4年生抜きの明大が5位、帝京大6位、創価大7位と続いた。波に乗れない駒大は2つ順位を落として8位に下降。東洋大は宮下隼人が、区間新記録で一矢を報い11位でフィニッシュ。5区も区間新が3人、往路記録を4位までが更新する、まさに怒濤のレースだった。


表=箱根駅伝2020 全21チーム5区区間順位

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事