close

2020-12-28

プレイバック!箱根駅伝2020 7区 追走ムードをしぼませる青学大・中村。格の違いを見せつけた明大・阿部

青学大・中村は無念のエントリー外となった同級生・竹石尚人からの 給水を受け、さらに加速した

全ての画像を見る
2021年1月2日、3日に開催される第97回箱根駅伝の直前に1年前のレースを区間ごとに振り返る。第96回大会は、青山学院大が2年ぶり5回目の総合優勝。出雲の覇者・国学院大、全日本を制した前回王者の東海大を振り切った。7区は青学大の中村が首位を独走。阿部が圧倒的な区間新記録で明大を4位に押し上げた。

1年生快走の早大がシード圏に

 穏やかな新春の陽光のなか、青学大の中村友哉が首位を独走。2km過ぎの小田原市内で2位の国学大に追いついた東海大・松崎咲人に対し、スタート時の2分21秒差から、12km手前では2分37秒差に広げた。12km過ぎに単独2位に立った松崎は、18.4kmの大磯では2分0秒差に詰め、勢いから、もっと詰めるかと思われたが、平塚中継所では2分1秒差と、首位戦線に大きな異常はなかった。


前田舜平からタスキを受け取った明大・阿部は区間記録を36秒更新した

 1万m27分56秒45で、今回エントリーされたなかで日本人最高記録を持つ阿部弘輝(明大)は格の違いを見せつけ、5位から4位に進出。区間2位の鈴木創士(早大)に1分16秒差をつけ、区間新記録をマークした。駒大、東洋大、帝京大が6~8位をキープ。1年生の7区歴代最高タイムで走った鈴木の快走は、12位から9位と、早大をシード圏内に戻した。 初シードを目指す東国大は5位。創価大は11位に落ちたが、10位の中央学大とは、まだ37秒差で可能性を残した。


表=箱根駅伝2020 全21チーム7区区間順位

陸上競技マガジン 1月号

箱根駅伝2021完全ガイド(陸上競技マガジン1月号増刊)

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事