close

2020-12-28

プレイバック!箱根駅伝2020 10区 最後まで攻めた青学大が2年ぶり5度目の総合優勝

青学大のアンカーは2年生の湯原

全ての画像を見る
2021年1月2日、3日に開催される第97回箱根駅伝の直前に1年前のレースを区間ごとに振り返る。第96回大会は、青山学院大が2年ぶり5回目の総合優勝。出雲の覇者・国学院大、全日本を制した前回王者の東海大を振り切った。青学大の湯原は最後まで攻めの走りで東海大の追撃を許さない。壮絶な3位争いは国学院大・殿地が制した。

壮絶、3位争い。 創価大が区間新の快走で初シード

 大差の首位なら「安全運転」になりがちだが、青学大は攻めでレースを進める。それが、 1つの強さだろう。湯原慶吾は5kmを14分35秒で通過し、都内に帰ってきた。東海大の郡司陽大も堅実な走りを見せるが、差に変化はない。10区の大敵、後方からの日差し、ビル風もほとんど感じられない。湯原は区間新記録は成らずも、青学大の快進撃は止まらず、そのまま2年ぶり5度目の総合優勝に輝いた。


熾烈な3位争いは、残り1㎞で仕掛けた国学大・殿地が真っ先にゴールテープを切って制した


3位争いは、コースの中盤では東国大、明大が並走。14kmで国学大、17kmで帝京大が加わった。日本橋を渡り、残り1kmから国学大・殿地琢朗が仕掛け、3位を奪取。帝京大、東国大、明大の順で続いた。戦前は「5強」といわれるなか、3強が1~3位。早大、駒大が7、8位。創価大は嶋津雄大が中央学大、東洋大を抜き9位に。1時間08分40秒で区間新記録の爆走を見せた。吉野貴大(帝京大)も、嶋津に3秒遅れただけの区間新記録。東洋大 はシード圏ギリギリの10位に終わった。


表=箱根駅伝2020 全21チーム10区区間順位

陸上競技マガジン 1月号

箱根駅伝2021完全ガイド(陸上競技マガジン1月号増刊)

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事