close

2021-03-08

【格闘技通信】ONEで闘う青木真也と平田樹の不思議な師弟関係

平田樹と青木真也(C)井賀孝

アジア最大級の格闘技イベントONE Championshipを主戦場にしている青木真也と“女子アトム級のライジングスター”平田樹。一緒に練習をしているわけでもないが、2人の不思議な師弟関係を読み解く。

 日本におけるMMA(総合格闘技)のトップランナーである青木真也は、37歳の今も精力的に動き続けている。

 MMAの主戦場はアジア最大級の格闘技イベントONE Championship。今年1月、コロナ禍の中では初となる本戦(シンガポール大会)出場を果たすと、ジェームズ・ナカシマに一本勝ち。一方プロレスでも活躍中で、2月14日のDDTカルッツかわさき大会ではKO-D8人タッグチャンピオンになった。「これは僕にしかない幅。(ONEもDDTも)合わせて見てほしい」と青木は言った。3月5日のリモート取材会でのことだ。

 この取材会は、4月29日におこなわれる青木の次戦に向けてのものだ。大会は『ONE on TNT』。アメリカのテレビ局TNTでの中継で、対戦相手も元UFCファイターのセージ・ノースカット。“MMAの首都”とも言うべきアメリカ(北米)にONEと青木をアピールできるか、という大きなテーマを持つ闘いだ。

 しかし青木自身は“対北米”“対ノースカット”といった要素にあまり興味を持っていないという。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事