close

2021-03-17

【陸上】日本選手権室内 60mHで青木、泉谷が2レース連続室内日本新

予選から60mHで室内日本新をマークした泉谷駿介(順大3年/左)と青木益未(七十七銀行/右) 写真/中野英聡

全ての画像を見る
3月17、18日に大阪城ホールで行われている第104回日本選手権室内。初日となった17日、女子60mHで青木益未(七十七銀行)、男子60mHで泉谷駿介(順大3年)、金井大旺(ミズノ)がそれぞれ予選から室内日本新記録を更新した。

青木が昨年に続く室内日本新で連覇

 女子60mH予選1組に出場した青木は、1台目から後続を離し、予選から8秒06の室内日本新をマーク。続く決勝も序盤からリードを守り、予選の記録を0秒01更新する8秒05でフィニッシュした。

 予選から決勝と記録を縮めた青木だったが、「決勝はスタートからあまり内容が良くありませんでした。7秒台を狙っていたので、少し残念なレースになったと思います」とコメント。

 この冬期にはパワーとスピードを強化。ウェイトトレーニングの数値も向上し、走りの面でもかみ合ってきたという。

「完成度は高くないですが、そのなかでも今大会はしっかりと走ることと、より多くの成功体験を得て自信をつけることを目的としていました。そういう面ではこの状態の割にはよかったと思います」

冬期練習は積めた半面、リード脚となる右股関節のケガを抱えたまま今大会を迎えていた青木。今後は、冬期で身に付いたパワーを走りにも生かしていく。

2位には、8秒12で木村文子(エディオン)、3位には8秒17で鈴木美帆(長谷川体育施設)が入った。

110mH初戦は泉谷に軍配

 男子60mHも予選1組から盛り上がりを見せた。泉谷が3レーン、金井が8レーンのスタートラインに立った。前半やや金井がリードしたが4台目あたりから泉谷が追い上げ、ほぼ同時にフィニッシュ。0秒004差で泉谷が先着し、金井と共に7秒56の室内日本新をマークした。

 決勝では、3台目あたりから泉谷が先行。予選の記録を0秒06更新する7秒50の室内日本新記録でフィニッシュラインを駆け抜けた。

 レース後、泉谷は「スタートから1台目までを昨年までメインで走っていた8歩から7歩に変更しました。予選でも失敗を修正できたのが良かったと思います」と話した。

 冬期練習も順調に積むことができたといい、今夏開催予定の東京五輪の110mHでの出場、決勝進出に意欲を見せた。

 2位には7秒57で日本選手権室内の昨年王者である石川周平(富士通)、3位には7秒57で金井が入った。

文/常盤真葵 写真/中野英聡

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事