close

2021-04-08

萩野公介(ブリヂストン)、2位で200m個人メドレーの代表権獲得!

リオ五輪では400m個人メドレーでダブル表彰台を果たした萩野(左)と瀬戸。東京五輪では200m個人メドレーでダブル表彰台を狙う(写真◎小山真司)

ライバル・瀬戸と一騎打ち

 競泳の東京五輪代表選考を兼ねた日本選手権第6日目が行なわれ、日本水泳連盟が定めた派遣基準を9名が突破、3名が新たに日本代表に内定した。

 注目の男子200m個人メドレー決勝にはリオ五輪銀メダリストの萩野公介(ブリヂストン)が登場。優勝したライバル・瀬戸大也(TEAM DAIYA)と0秒02差の2位、1分57秒43で派遣標準記録を突破。すでに代表権を獲得していた瀬戸とともにこの種目の代表に内定した。

 今大会に臨むにあたり、リオ五輪で金メダルを獲得している400m個人メドレーの回避という大きな決断をして臨んだが、その決断は簡単なものではなかった。
 実際、スイミングマガジン本誌の1月時点でのインタビューでは、同月の大会で400m個人メドレーを泳いだ際の前半を2分を切って入るという積極性を見せた理由について、「4月の五輪選考会では、派遣標準のあたり(4分15秒24)ではなく、僕の自己ベスト(4分6秒05)にできるだけ近いところを目指すには必要なチャレンジ」と意欲的に話していた。
 しかし、その後の大会でもどうにもうまく泳げない本命種目に対し、最後は「僕が集中しているときには、レースの入場前、『さあ、いくぞ!』と扉をバーンと勢いよく開けるイメージで出ていけるのに、400m個人メドレーではそうならなくなっていた」と本音を吐露。その後、400m個人メドレーの欠場という、重い決断を下すに至った。

 だからこそのこの日の200m個人メドレーだった。接戦の末、瀬戸には敗れたものの、「まずは代表権を獲得できてすごくうれしい。負けはしたが力は出しきった。夏に向けていいレースができた」との言葉から、おそらくバーンと扉を開けてレースに臨むことができたのだろう。前途は明るい。

 リオ五輪以降、苦しいことの方が多かったが、それを乗り越えてきたからこそ今の萩野がある。ディフェンディングチャンピオンという重い鎧を脱ぎ捨て、軽やかな気持ちで臨む萩野公介の東京五輪。今度は200m個人メドレーで、瀬戸とともに『ダブル表彰台』をかなえたい。

*第6日目(8日)の東京五輪内定選手は以下の通り。
◆女子400mフリーリレー
池江璃花子(ルネサンス)
酒井夏海(スウィン美園)
五十嵐千尋(テイクアンドギヴ・ニーズ)
大本里佳(ANAイトマン)
◆男子200m背泳ぎ
入江陵介(イトマン東進)
砂間敬太(イトマン東進)
◆女子200m平泳ぎ
渡部香生子(JSS)
◆男子200m個人メドレー
萩野公介(ブリヂストン)
※瀬戸大也(TEAM DAIYA)は2019年光州世界選手権優勝で内定済み

文◎桜間晶子(スイミング・マガジン編集部)

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事