close

2021-04-30

【プロレス】試合中に武藤敬司からグレート・ムタに変身! 天龍源一郎、長州力、アントニオ猪木に毒霧噴射!! 1994年4月4日

長州力、天龍源一郎に毒霧を浴びせるグレート・ムタ

全ての画像を見る
1994年4月4日、新日本プロレス広島大会でグレート・ムタがアントニオ猪木に毒霧を浴びせた。

 当初のカードは長州力&天龍源一郎vs武藤敬司&蝶野正洋。試合開始直後、天龍は武藤を場外に放り出すと、マイクを持って「ムタで来い、ムタで!」と叫んだ。

 武藤はリングに背を向けて長い花道を引き揚げる。リング上では蝶野が1対2のハンディキャップマッチを強いられた。1分、2分、3分…。

 ついにオレンジ色のタイツを赤袴に替えてムタが登場! 場内のボルテージが一気にはね上がったのは言うまでもない。

 試合はムタの存在感が支配。勝敗的には長州が蝶野をリキラリアットで仕留めたが、ムタは担架で長州と天龍を突きまくって、毒霧まで浴びせてみせた。

 そんな中、リングサイドに猪木が登場。ムタは片ヒザを突いて凝視しながら一歩、また一歩とにじり寄っていく。

 猪木を射程距離にとらえたところで、なんと毒霧を噴射! 両者は5・1福岡ドームで一騎打ちを控えており、これが初遭遇だった。試合後、ムタは「これがオレからの宣戦布告ですね。日本のプロレス界は上にいけない仕組みになってるでしょ。オレならそれを突き破ってくれると、ファンも期待してるんじゃないかな。もちろん、ムタでだ」と語った。

 猪木が昭和プロレスの毒ならば、ムタは平成プロレスの毒。究極の世代闘争が始まろうとしていた。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事