close

2021-07-19

ソフトボール日本代表のあゆみ(3)アテネは夢破れ、無念の銅メダル

ベテランと若手が融合したチームで挑んだが、力を出し切れぬまま銅メダルに終わった(写真/Getty Images)

五輪種目に正式採用された1996年アトランタから、日本ソフトボール界悲願の金メダルを獲得する2008年北京までの4大会の道のりを振り返る。

 経験豊富なベテランと伸び盛りの若手が融合。1997年からスタートした宇津木ジャパンの集大成として見据えるのはただ一つ、金メダルだけだった。

 だが、初戦のオーストラリア戦でつまずくと、宿敵・アメリカとは接戦を演じたが、格下のカナダには足をすくわれた。しかし、負ければ終わりという状況がナインを奮い立たせた。若きエース・上野由岐子が中国戦で五輪史上初の完全試合を達成するなど、3連勝して4勝3敗の3位で決勝トーナメントへ。

 しかし、準決勝で中国を倒して進んだ3位決定戦。予選で完敗したオーストラリアが再び立ちはだかる。結果は0対3の完封負け。日本は本来の力を出し切ることができず、銅メダル。悔しさの残る大会となった。

■順位
1位 アメリカ
2位 オーストラリア
3位 日本
4位 中国
5位 カナダ

■日本代表選手団
[スタッフ]
監督  宇津木妙子(日立&ルネサス高崎)
コーチ 浦野光史(太陽誘電)
コーチ 小林良美(日立&ルネサス高崎)

[選手]
投手  上野由岐子(日立&ルネサス高崎)
投手  坂井寛子(戸田中央総合病院)
投手  坂本直子(日立&ルネサス高崎)
投手  髙山樹里(豊田自動織機)
捕手  乾絵美(日立&ルネサス高崎)
捕手  山路典子(太陽誘電)
内野手 伊藤良恵(日立&ルネサス高崎)
内野手 宇津木麗華(日立&ルネサス高崎)
内野手 佐藤理恵(レオパレス21)
内野手 内藤恵美(豊田自動織機)
内野手 三科真澄(日立&ルネサス高崎)
外野手 岩渕有美(日立&ルネサス高崎)
外野手 佐藤由希(レオパレス21)
外野手 齋藤春香(日立ソフトウェア)
外野手 山田恵里(日立ソフトウェア)
※所属は当時

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事