close

2021-07-25

【東京五輪・陸上展望】男子三段跳/好調ザンゴが本命

室内の世界最高記録を保持するザンゴ

全ての画像を見る
【男子三段跳日程】
予選       8月3日 9:00
決勝       8月5日 11:00


 五輪2連覇中のC・テイラー(Taylor/アメリカ)が、2021年5月にチェコで行われたオストラバ大会でアキレス腱断裂。五輪3連覇の夢かなわずとなった。

 同大会では、記者会見でテイラーと同席していたH・ザンゴ(Zango/ブルキナファソ)が優勝を果たした。19年世界選手権でも銅メダルを獲得しており、今年1月には18m07の世界室内最高記録を樹立。屋外でも7月に17m82(+0.2)をマークするなど好調だ。ザンゴは25歳となる18年に17mを跳び、瞬く間にトップジャンパーとなった遅咲きの選手。コーチは18mジャンパーでありながら、五輪とは縁がなかったT・タムゴー(Tamgho/フランス)。タムゴーコーチの思いも乗せたジャンプができるかどうか。

 13年と15年世界選手権で銀メダルを獲得している18mジャンパーのP・ピチャルド(Pichardo/ポルトガル)は、キューバから国籍を変更して初の五輪に臨む。今季は17m92(+0.4)と世界ランキングトップ。そして、五輪も世界選手権も銀メダルが最高成績のW・クレイ(Claye/アメリカ)は、悲願の金メダル獲得を目指す。

 大本命不在の種目。予選、決勝ともに競技が午前ということが、結果にどう影響するか。


タグ:

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事