close

2021-07-26

元ソフト日本代表・山根佐由里の球種解説!曲がるシュート

アメリカでの武者修行で習得したという上野由岐子のシュート。北京五輪で花開いた(写真/BBM)

全ての画像を見る
野球と似ている競技だけれど、ソフトボールにはどんな球種があるの? という疑問を持っている人も多いのでは。そこで、元日本代表で世界選手権3度出場の山根佐由里さんに、ソフトボールの代表的な変化球の特徴を解説していただいた。東京オリンピックや日本リーグを楽しむための解説書として活用してほしい(全文はソフトボール・マガジン9月号に掲載)。

シュート
Shoot

 スライダーと同じ横系の変化球で、投手の利き腕の方向に曲がる。右投手の場合は、右打者のインコースに食い込んでいく軌道を描く。打者からすると見えづらく、スピードもあるので詰まらせやすい。同時に、左打者にとっては外に逃げていく球種でもある。右投手の場合は、右方向にボールを送り出すようなフォームで投げる。スピードが出る球種ではあるが、親指と人差し指の間から抜きながら投げるので、ストレートと比べるとやや落ちる。

 日本の第一人者は元日本代表の坂井寛子さんで、北京五輪で上野由岐子がアメリカに勝つために隠し持っていた球種としても有名。アテネ五輪後に武者修行に行ったアメリカで習得したという。最近は日本リーグでも投げる投手が増えてきた。山根さんいわく、上向きならライズ、下ならドロップ、利き腕方向はシュート、逆ならスライダーというように、リリースの後の指先が向いている方向で、投手が投じた球種を判断することができるそう。

シュートの軌道


 
【PROFILE】
やまね・さゆり/1990年1月24日、三重県生まれ。右投右打。投手。宇治山田商業高-レオパレス21(2008年~09年)-トヨタ自動車(10年~17年)。トヨタ自動車では12年から16年までの5年間でリーグ記録の42連勝を打ち立て、14年には最優秀投手賞を受賞。日本代表では10年、14年、16年と世界選手権出場。17年限りで現役を引退し、現在はトヨタに勤務しながらソフトボール普及のためメディア等で活躍中。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事