close

2021-07-28

【Tokyo2020 ボクシング】入江聖奈が銅メダル以上を確定。準々決勝で判定勝ち

打ち合いの中で入江の左フックが的確にヒットする

全ての画像を見る
 東京・両国国技館で行われている東京五輪ボクシング競技で、27日に行われた女子フェザー級準々決勝に出場した入江聖奈(日体大)は、マリア・クラウディア・ネキツァ(ルーマニア)に3対2のスコアで判定勝ちを収めた。ボクシング競技は3位決定戦が行わないため、入江は銅メダル以上を確定した。日本の女子選手が五輪のボクシング競技に出場するのは、フライ級の並木月海(自衛隊)とともに東京五輪が初めて。入江はいきなり快挙を成し遂げた。

アウトボクシングを守り、順当に勝った

 入江にとっては、思い描いたとおりの試合でなはかったか。初回から左ジャブを飛ばし、機を見て右ストレートも打ちこんだ。一昨日に入江が対戦したフルド・ハリミエプムラヒ(チュニジア)の八方破れのアタックとはまた違うが、ネキツァも圧倒的な好戦派。どんどん攻撃をつなげてくる。入江も十分に対処していたが、ネキツァが走り込んできて左右を打ってくるのを、まっすぐに後退してしまうことも。ボクシングそのものでは差をつけた入江だったが、ジャッジは3対2でのわずかなリードになっていた。
入江がスムーズに打ち出すジャブはずっと効果的だった
入江がスムーズに打ち出すジャブはずっと効果的だった

 そこで、すぐに軌道修正、あるいは自身のボクシングの精度を上げることができたことで、入江は勝利にグッと近づくことになる。2ラウンド、得意のフットワークを使い、距離をとってしっかりと戦いをコントールして
いることをアピールしていった。左ジャブに加え、随所にワンツーを織り込んでいく。出端を叩かれたネキツァの反撃もまばらで、入江ははっきりとこのラウンドを奪った。

 これで3ジャッジの2点差リードを確保した入江は、3ラウンドは左ジャブに、右を合わせるだけで、リスクを冒さないまま楽々と試合終了ゴングにまでたどりついた。
日本女子として初めてのメダル獲得。男子を含めても2012年ロンドン大会以来の快挙になる
日本女子として初めてのメダル獲得。男子を含めても2012年ロンドン大会以来の快挙になる

 5人のジャッジのスコアは29対28、30対27、29対28、28対29、28対29。僅少差でも、内容的には入江の十分すぎる快勝に見えた。
準決勝の相手はカリス・アーティングストール。サウスポーの強打者だ
準決勝の相手はカリス・アーティングストール。サウスポーの強打者だ

強敵を撃破して、さらにメダルの色を変えたい

 メダル獲得は見事だが、まだまだ戦いは続く。失った2ジャッジの採点を十分に研究して、次の戦いに備えるべきだろう。準決勝の相手はカリス・アーティングストール(イギリス)。サウスポーで典型的なハードヒッターのボクシングをする。とくに左ストレートは強烈だ。ただ、この五輪を見る限り、距離をとられたり、下がりながらカウンターアタックを狙う選手を相手にしたら、思いのほか単調になる。入江としては持ち味の動きの良さに乗せた軽快なパンチで勝負したい。前半のリードがあっても、アーティングストールには一発の強打があるだけに、3ラウンドもしっかり本来の形を作って戦いたい。そうすれば、勝機は存分にある。

 もし、金メダルラウンドに駒を進めれば、ネスティ・ペテシオ(フィリピン)かイルマ・テスタ(イタリア)との対戦。身長158センチのサウスポー、ペテシオには入江が過去に勝った記録もあるが、今大会は絶好調。初戦で第1シードの林ユーティン(台湾)を破っている。強引に距離を押し縮めて打ち込むパンチは強烈だ。一方のテスタは175センチの長身。両手を下げたスタイルから、長く正確なブローを突き立てる華麗なボクサーだ。

 入江の今回の戦いは、初回に見せたわずかな緩みをすかさず矯正できたのを評価したい。作戦をしっかりと遂行できる堅実さ、あるいは一戦ごとの成長するその力を見れば、ぜひとも世界の最高峰にチャレンジし、そして勝ってほしい。その資質は、入江には十分にある。

文◎宮崎正博 写真◎ゲッティ イメージズ Photos by Getty Images

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事