close

2021-08-01

丸藤正道が広島で師匠・三沢光晴さんの技を解禁…桜庭和志の挑戦を退け、GHCヘビーV2! シングルリーグ戦「N-1 VICTORY」不参加も表明!!【週刊プロレス】

桜庭和志の顔面にヒザを叩き込む丸藤正道

全ての画像を見る
 8月1日、NOAHが広島サンプラザホールでビッグマッチを開催。メインでGHCヘビー級王者の丸藤正道が桜庭和志の挑戦を受けた。

 桜庭のセコンドには杉浦軍の杉浦貴、藤田和之、ケンドー・カシン。桜庭から握手を求めて丸藤が応じてゴング。丸藤は桜庭の多彩なサブミッションに苦戦。何度も悲鳴を上げながらロープへとエスケープした。

 丸藤は得意の打撃でも押し込まれた。虎王やトラースキックは空を切り、左ハイキックまで被弾。だが、逆水平チョップを打ち込み、チョップ合戦を要求。桜庭はモンゴリアンチョップで応戦し、ラッシュガードを脱いで熱く張り合った。

 これで自身の土俵に桜庭を引き込んだ丸藤は真・虎王をスリーパーで切り返される場面もあったが、そのまま背負ってコーナーに押し潰してからなおも絞め続ける桜庭にエメラルド・フロウジョンを敢行。フックキックを叩き込み、桜庭が意地になって応戦してくると、ワンツーからローリング・エルボー。師匠の三沢光晴さんが亡くなった広島の地でその代名詞技を繰り出して活路を見いだすと、最後に虎王・零で3カウントを奪った。

 試合後、GHCヘビー級王座V2に成功した丸藤は「すごくやりづらかったんですけど、でも、やっててすごく楽しかった」と桜庭戦を振り返ってから「必ず誰しもが認めるNOAHの顔にこのオレがなってみせます」と決意表明。バックステージでは「チャンピオンはN-1に…出ない」と9・12後楽園大会から開幕するシングルリーグ戦「N-1 VICTORY 2021」不参加を宣言。10・10大阪大会でGHCヘビー級選手権<王者>丸藤vsN-1 VICTORY 2021優勝者<挑戦者>が発表された。
タグ:

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事