close

2021-09-02

【ボクシング】「IBF王者アンカハスとの統一戦目指す」。王座防衛から一夜明け、井岡一翔が会見

苦戦を認めた井岡だが、安堵の笑顔も見せた

全ての画像を見る
 WBO世界スーパーフライ級王座の3度目の防衛に成功した井岡一翔(32歳=志成)が2日、オンラインで一夜明け会見に臨み、指名挑戦者の同級2位フランシスコ・ロドリゲス(28歳=メキシコ)を3-0の判定で退け、熱望する統一戦への思いなどを口にした。

 編み込んだ髪をほどき、リラックスした表情で取材に応じた井岡は、淡々と苦戦を強いられた試合を振り返った。

「内容に関しては、はがゆい思いがあります。本来は自分の距離でボクシングするのが理想でしたが、相手のがちゃがちゃした打ち合いに巻き込まれてしまった。前半から中盤までは判断が悪かった」

 持ち前の防御テクニックは影を潜め、想定以上に被弾が目立った。深刻なダメージは受けていないが、大きなサングラスを下にずらすと、目の周辺は腫れていた。果敢に前に出てくるメキシカン特有のスタイルに手を焼いたことを認めている。

「間合いの空気感、リズムの使い方が他の選手とは違った。上体を動かしたりしながら飛び込んで打ってきたので、自分の組み立てのなかで止めたり、カウンターを当てるのが難しかったです」

 それでも、結果を残したことで、あらためて統一戦の実現を熱望した。第1ターゲットに見据えるのは、IBFの世界王座を9度防衛しているジェルウィン・アンカハス(フィリピン)。

「すごく強いチャンピオンだと思う。海外での知名度もある。自分の評価を上げるためには、とてもいい対戦相手です」

 一番の理想は今年の12月31日、年内での開催。ただ、コロナ禍のなかで状況が刻一刻と変わることを理解しており、場所は選ばずに戦いの準備を進める。これまでの取り組みが大きく変わることはない。ボクシングの質を高めて、階段を一段ずつ上がっていくつもりだ。

「IBF王者との統一戦をクリアしたあとは、アメリカで試合ができればいいなと。どこかのタイミングでローマン・ゴンサレス(ニカラグア)とファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)の勝者と4本のベルトを懸けてやりたいと思っています」

 最終目標はスーパーフライ級で「最強」を証明することだ。

文◎杉園昌之 写真提供◎志成ジム

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事