close

2021-09-23

【相撲編集部が選ぶ秋場所12日目の一番】明生が殊勲の星! 照ノ富士2敗も単独トップ変わらず

右を深く差し攻め続けた明生が、右からの下手投げで照ノ富士を土俵の外に運んだ

全ての画像を見る
明生(下手投げ)照ノ富士

初日から3連敗を喫したカド番大関の貴景勝が、4日目から立ち直って、12日目に勝ち越しを決め、カド番を脱した。序盤は首痛の再発を恐れて当たれていなかったが、また痛めたらしようがないと腹をくくったのだろう。いつもの立ち合いからの攻めが戻ってきた。立派な大関相撲だった。

優勝争いは3敗の大関正代と関脇御嶽海が敗れ、ますます照ノ富士が有利と思われたが、結びの一番で波乱が待っていた。照ノ富士の相手は同期生の関脇・明生。過去の対戦は照ノ富士の4戦4勝で、最近の3番は小手投げ、極め出し、極め倒しと、明生は差したところを抱え込まれて敗れている。

軍配が返り、立ち上がった両者。立ち合いの踏み込みよくモロ手で突き放した明生。照ノ富士を後退させると右を差した。これまでと違うのは、より深く結び目の向こう側をつかんだことだ。ここまで深く差すと、抱え込まれてもあまり効かない。

照ノ富士は左から小手投げにいくが、明生は右外掛けで応戦。照ノ富士がはね上げようとすると足をはずし、すぐに右からの下手投げ。大きく泳いだ照ノ富士はそのまま土俵を飛び出した。

憧れの同期生に勝った明生は、「明日につなげようという気持ちで集中して取れました。相手は横綱なので、同期生という意識はなかったです。無我夢中でした。強い横綱に勝つことができて、すごくいい相撲でした」と振り返った。

すでに7敗を喫しており、三役の地位を守る意味でも明日につながる相撲になった。「また明日、集中していきます。残り3日、頑張ります」と力強かった。

2敗目を喫した照ノ富士だが、単独トップは変わらず、3敗で阿武咲、隠岐の海、妙義龍、遠藤の4人が追う。ただ、照ノ富士が左足を痛そうにしていたのが気にかかる。横綱経験者は皆、土俵入りは取組以上に疲れると言うが、10キロ以上の綱を締めての土俵入りが連日続き、ヒザに疲労がたまってきたのかもしれない。

照ノ富士の残りの対戦相手は御嶽海、貴景勝、正代と強敵が続く。もし、13日目に負けるようなことがあれば、優勝戦線は照ノ富士独走ムードから大混戦となる。

文=山口亜土

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事