close

2021-09-25

中嶋勝彦、桜庭和志、田中将斗がし烈な1位争い! 中嶋は桜庭戦に向け「モンゴリアンチョップは全部よける」NOAH「N-1 VICTORY」Cブロック展望【週刊プロレス】

今年8月に対戦した中嶋勝彦と桜庭和志

 9月26日、NOAHのシングルリーグ戦「N-1 VICTORY 2021」がいよいよ各ブロック最終公式戦を迎える。

 今年はN-1史上過去最多となる16選手が4ブロックに分かれ、9・26後楽園ホール大会まで公式リーグ戦をおこない、10・3後楽園ホール大会で各ブロック1位による1DAYトーナメント(AvsB、CvsD)を実施。優勝者は10・10エディオンアリーナ大阪大会で丸藤正道の持つGHCヘビー級王座に挑戦する。9・20TVマッチを終えて、Cブロックの得点状況は以下。

田中将斗<1勝1分=3点>
桜庭和志<1勝1分=3点>
中嶋勝彦<1勝1敗=2点>
――――脱落――――
鈴木鼓太郎<2敗=0点>

 田中は脱落が決まっている鼓太郎と、第4試合で激突。2003年1月の初対戦から2016年8月まで闘ったり組んだりしてきたが、シングルマッチは初めてだ。

 普段はジュニア戦線が戦場の鼓太郎は最終公式戦で爪あとを刻み込みたいところだ。田中は鼓太郎戦で勝って、桜庭vs中嶋が引き分け、または中嶋勝利だった場合、1位確定。桜庭が中嶋に勝った場合、田中vs桜庭の優勝決定戦進出者決定戦が時間無制限でおこなわれる。

 第4試合の直後、第5試合でおこなわれる中嶋vs桜庭は昨年8月&今年3月のGHCタッグ選手権などで対戦しているが、こちらもシングルマッチは初めて。桜庭は対中嶋について「やりづらいですね。なんか表情がないですもんね。怒ってんだか笑ってんだか、それともなんともないんだか、表情がないんでわかんないんですよね。過去に何度かやってみて、ちょっと頭の中がこんがらがってる部分ではありますね」と苦手意識があるようだ。

 一方の中嶋にとって桜庭戦は待望の一戦。以前、こんなことを語っていた。

「こんな言い方をしていいのかわからないけど、プロレスが巧くなってるんだよね。本当にすごい。IQレスラーと言われるだけあって、プロレスのIQも高いよ。モンゴリアンチョップ? こないだもよけたけど。全部よけるよ(笑)」

 桜庭は同じ中央大学のジャンボ鶴田が得意としていたジャンピング・ニーを積極的に使ったり、マサ北宮のセントーンを自分もやってみたりとプロレス頭も抜群。その上でグラウンド技術は天下一品だ。

 中嶋はそんな桜庭と対戦するたびにグラウンド勝負を挑む。「相手の土俵に入るのが好きだから。それで失敗することも多いけど。そのさじ加減をしっかりするよ」と語っているが、どこまで踏み込むのかが勝敗を左右するかもしれない。

 桜庭は中嶋に勝って、田中が鼓太郎に引き分けか負けで1位。田中が鼓太郎に勝っていたら、田中vs桜庭の優勝決定戦進出者決定戦が時間無制限でおこなわれる。中嶋は桜庭に勝っても、田中が鼓太郎に勝つか引き分けていたら2位止まり。田中が鼓太郎に敗れて、自身が桜庭に勝たなければ決勝トーナメント進出はない。

 今年の「N-1 VICTORY」で一番の激戦区となったCブロック。果たして、田中、桜庭、中嶋の誰が1位となるのか。 

 同大会はインターネットTV「ABEMA」で当日午後5時30分より生中継。特別ゲストは松井珠理奈さん。
タグ:

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事