close

2021-10-23

【箱根予選会】日本人トップ争いは1秒差決着! 中央学大・栗原が明大・加藤を振り切る。3位は専大・高瀬

栗原(右)が加藤の猛追を振り切った 写真/椛本結城(陸上競技マガジン)

全ての画像を見る
10月23日、昨年同様に東京・陸上自衛隊立川駐屯地で行われた第98回箱根駅伝予選会。最後の最後までし烈を極めた日本人トップ争いは、中央学大の栗原啓吾(4年)が1秒差で制し、チームの2年ぶり、通算22回目の箱根駅伝本戦出場に大きく貢献した。

栗原が力を出し尽くす激走

1周2.567kmの周回コースでのハーフマラソン(21.0975km)。栗原は、15kmを過ぎたあたりで後続の味方が予定よりペースを上げ切れていないことを知らされると、「1秒でも稼ぐことを意識」して終盤に備えた。当初、川崎勇二監督からは「ラスト1kmから行くように」と言われていたが、「少し余裕があったので、(指示より)早く抜け出して勝ち切ることを意識した」と、19km過ぎで一気に日本人トップに立った。

残り600mの直線は強い向かい風に見舞われるなか、後ろから迫りくるライバル、そして自分自身との戦いに。「体力が残っていなかった」というように、振らつきながらも最後の力を振り絞り、肉薄してきた明大の加藤大誠(3年)を1秒差で振り切り全体8位、日本人トップとなる1時間02分46秒でフィニッシュした。

栗原は昨年の予選会でもチームトップの全体16位、日本人12番手でフィニッシュしたが、15km以降に順位を落とし、チームも箱根本戦への連続出場回数も18でストップしてしまった。この1年間はその雪辱を晴らすべく、自らを追い込み、4月には10000mで中央学院大学記録を更新(28分03秒39)。それ以降も順調に練習を積み重ね、この日に向かってきた。主将の小島慎也(3年)をはじめ主力に故障者も多いなか、見事にエースとしての役割を果たした栗原。本戦での活躍にも大いに期待がかかる。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事