close

2022-01-29

【ボクシング】「今年は厳しい戦いを乗り越えて記録を塗り替えたい」──井上尚弥がMVP単独最多記録を目指す

MVP獲得最多タイ記録、5度目の受賞となった井上尚弥

全ての画像を見る
 2021年の日本国内年間表彰選手賞が発表され、4年連続の最優秀選手賞、2年連続のKO賞と、いずれも5度目の獲得となったWBAスーパー・IBF世界バンタム級チャンピオン井上尚弥(28歳=大橋)が昨日28日、大橋ジムで会見を行った。MVP5度受賞は、日本人初の世界王者・白井義男(元世界フライ級チャンピオン)、世界戦連続防衛13度の国内記録を持つ具志堅用高(元WBA世界ライトフライ級チャンピオン)に並ぶ最多獲得となる。

「チャンピオンの先輩たちに記録的に並べたこと、モチベーションが上がる賞をいただけたことはとても光栄です」と喜びのコメントを口にしたものの、井上尚弥の表情からは、浮かれた様子は微塵も感じられなかった。

 昨年は6月にラスベガスでマイケル・ダスマリナス(フィリピン)を、12月に2年ぶりの国内戦でアラン・ディパエン(タイ)をいずれもKOで仕留めてみせたものの、本人が望む対戦相手ではなかった。
「本来だったら、年内に4団体統一できていたはずですからね」と発売中の本誌2月号インタビューでも語っているとおり、WBC王者ノニト・ドネア、WBO王者ジョンリエル・カシメロの“フィリピンの両雄”との決戦を終えていたかったのが正直なところ。だが、各々が世界最高峰に君臨するだけに、交渉は一筋縄ではいかない。世界的パンデミックに加え、相手側の事情も重なり、事がうまく運ばなかったという経緯もある。
「もう、そこまで4団体統一にはこだわらない」、これがいまの心境だ。

「どれだけいい試合をしても、対戦相手に恵まれなければ……」(井上尚弥)
「どれだけいい試合をしても、対戦相手に恵まれなければ……」(井上尚弥)

「今年は厳しい戦いが続くけれど頑張ろう」
 大橋秀行会長からの年頭の挨拶に、心身ともにさらに引き締まった。

「オミクロンの影響で、5月か6月あたりにずれ込むと聞いている」(尚弥)今年最初の試合、その筆頭候補はやはりドネアということになるのだろう。「前回(2019年11月)以上の試合をしたい。KOを逃しているので、本当にハッキリと決着をつけたい」と、“ライバル”を意識して、2週間前からスパーリングも始めている。さらに、昨年11月からは、元世界3階級制覇王者・八重樫東トレーナーの指導の下、フィジカルを鍛え始めた。「バンタム級としてもまだまだ筋力をつけられますし、この先、階級を上げていくこともふまえて、自分からお願いしました」(尚弥)
 プロデビュー前からスパーを重ね、ともに汗を流してきた10年来の間柄。「八重樫さんはボクシングを理解しているので、そこにつなげてきちんと説明してくれる。サプリメントの知識も豊富で、そういった面でもすごく信頼できる」(尚弥)
“フィジカル・モンスター”という印象も強い井上尚弥だが、八重樫さん曰く「まだまだ」。「筋肉痛が激しすぎて、『スパーリングを中止にしてください』って尚弥が初めて言ってきたほど」(大橋会長)。尚弥自身、そんな状態に手応えを感じ、喜びを感じている風。痛みを感じるということは、まだその部分が弱いという証。鍛える部分がまだまだあるということなのだから。

大橋会長、尚弥に呼ばれ、照れながら参加した八重樫さんもまじえて3ショット
大橋会長、尚弥に呼ばれ、照れながら参加した八重樫さんもまじえて3ショット

 今年4月で29歳となる。「もう29かっていう声もありますが、自分の中では『まだ29』だと。そういうメンタルコントロール。そう思ってやったほうがまだまだ伸びる。実際、体力面でものびしろ、レベルアップを感じていますから。自分自身、期待したい1年です」

現役選手として切磋琢磨した両雄は、今度は師弟として闘う。「八重樫さんはニコニコしながらだんだん厳しくなっていく(笑)」(尚弥)
現役選手として切磋琢磨した両雄は、今度は師弟として闘う。「八重樫さんはニコニコしながらだんだん厳しくなっていく(笑)」(尚弥)

「『勝負の年になる』と会長にも言われているので、そこを勝ち進むことができれば、今年も(MVPを)獲ることができると思います」(尚弥)
「激しい、やりがいのある試合が続くと思う。それを乗り越えていけば、自然と(MVP)最多獲得記録につながると思う」(大橋会長)

 ヒリヒリと緊張感を持って対峙できる相手──。プロデビュー前から一貫して抱き続けているこだわり。そういう戦いで、「勝つだけじゃなく、いかにパフォーマンスを見せるかというところを重視して、観に来てもらったファンの方、テレビで観てくれる方に満足してもらえる試合をしたい」──。

 2022年も、井上尚弥が中心になって世界を動かす。

文&写真_本間 暁

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事