close

2022-02-24

【NFL】プレーせずに「痛い」反則、逆転TDパス許した守備… ドラフト同期のエリートがスーパーボウルで見せた明暗

サンダルにTシャツ、短パンの軽装でフィールドに出てセレブレーション、アンスポーツマンライクコンダクトの反則を取られたベンガルズCBハーグリーブス=photo by Getty Images

全ての画像を見る

 米プロフットボールNFLの王座決定戦「スーパーボウル」が終わって10日が過ぎた。ロサンゼルス・ラムズがシンシナティ・ベンガルズを破ったこの試合で、キーとなる局面に登場して、明暗を分けた3人の若いCBについて振り返りたい。この3人には不思議な因縁があった。2016年のNFLドラフトで指名された「同期の桜」だったのだ。(写真はすべてGetty Images)


■ジェイレン・ラムジー(ラムズ)
スーパーボウルに勝利し、エースWRカップと抱き合うラムズCBラムジー=photo by Getty Images


 マンツーマンのカバーCBとしては、NFLでも最強クラスのラムジー。スーパーボウルでの主要な任務は、ベンガルズのルーキーWR、ジャマ―・チェイスとQBジョー・バロウのホットラインを断ち切ることだった。バロウ=チェイスには、第1Q終盤の46ヤードレシーブ、第4Q最後のドライブの17ヤードレシーブなどを許したが、トータルでは5/8、89ヤード、そしてタッチダウン(TD)ゼロに抑え込んだ。
 ラムジーは、第3クオーターのファーストプレーでは、WRティー・ヒギンスに75ヤードのTDパスを許したが、本人がアピールしていた通り、ヒギンズの手が完全にラムジーのフェイスマスクにかかっており、オフィシャルの見落としは明らかだった。
 バロウのパスは、46ヤード、75ヤードTDを除けば、142ヤード。もちろん、DTアーロン・ドナルド、OLBボンミラーに率いられ、QBサック7回を挙げたラムズDL・LB陣の働きが大きかったのは確かだが、ラムジーも十分に勝利に貢献したと言っていいだろう。

■イーライ・アップル(ベンガルズ)
スーパーボウルの第4Q、ラムズWRカップに逆転TDパスレシーブを許したベンガルズのCBアップル=photo by Getty Images

 ベンガルズのCBイーライ・アップルにとって、ラムズが逆転TDを決めたドライブは最悪の思い出となった。WRクーパー・カップにTDを奪われたのが、マンツーマンについていたアップルだった。アップルは、2つ前のプレーでも、カップをカバーしていてパスインターフェアを取られていた。
 ただしアップルの名誉のために言っておくと、このドライブで、アップルが明らかな失態を犯したのはこの2プレーだけだ。ベンガルズは、レッドゾーンに侵入されるまではゾーンディフェンスを敷いており、カップと結果的にマッチアップした選手は他にもいた。
 ただ、アップルは標的にされるのには格好の存在だった。
 AFCチャンピオンシップで、3年連続スーパーボウルを目指したチーフスに逆転勝ちした後で、チーフスのWRタイリーク・ヒルを、He’s a baby ! 「奴は赤ちゃんだ」と揶揄した。
 ヒルと、チームメートのWRミコール・ハードマンは、アップルに激しく反発していた。
 今回の逆転劇の後、ハードマンはアップルについて「自分の技をもっと磨いておくべきだったな」と攻撃するツィート。さらに他の選手たちもアップルを批判した。
 アップルが自分で蒔いた種だったのは確かだ。アップルは、ベンガルズがポストシーズンに進出した際にも、自分の元の所属チーム、ジャイアンツとセインツの地元を馬鹿にするような投稿をしていた。


 皮肉にも、アップルのパフォーマンスを認めてくれたのは、ラムズのWRカップだった。
「イーライ・アップルは、試合中ずっと僕に対して、上手くプレーしていた。本当に前に出てきて、僕に挑戦してきた。本当にいい仕事をしていた。」
「(TDのプレーは)アップルにジャブを打って少し前進して、マシュー(・スタフォード)が好きなところにボールを投げ込めるようにした。そして、彼がバックショルダーで素晴らしいパスを投げてくれたので、それに合わせることができた。」

 スーパーボウルの数日後、アップルは「私を家族のように受け入れてくれたチームメイト、Who Dey Nation、そしてコーチたちに心から感謝する。このシーズンを特別なものにするための厳しい取り組みを誇りに思う。」とインスタグラムに投稿した。
 そして「 皆さんが私の中の炎を呼び覚ましてくれたおかげで、私はさらに強くなった。来シーズン、私の対面に並ぶすべての相手(レシーバー)に、指数関数的なレベルで、再び自分の悪魔(のような力)を解き放つことに、興奮している。」と続けた。
 アップルのベンガルズとの契約は、1年で、今季終了後にFAとなる。来季再びベンガルズに戻るかどうかは誰もわからない。

■バーノン・ハーグリーブス(ベンガルズ)

スーパーボウルの第2Q、味方のインターセプトに喜びのあまり、サンダルにTシャツ、短パンの軽装でフィールドに飛び出してセレブレーション、アンスポーツマンライクコンダクトの反則を取られたベンガルズCBハーグリーブス=photo by Getty Images
 ラムジー、アップルは選手として試合に出場し、どういう形であれ、プレーの中で一つ結果を残し、それが記録となった。しかし、選手登録されずプレーもしていなかったのに、記録に残り、両チームの選手たちや、スタジアムの観客、さらに世界中のテレビ視聴者にネガティブな印象を残してしまった選手がいる。ベンガルズCBのバーノン・ハーグリーブスだ。

 第2Qの終盤だった。残り5分余りからのオフェンスシリーズで、ラムズにトラブルが起きた。WRオデル・ベッカム・ジュニアの負傷退場だった。この試合、本領を発揮していたスターレシーバーの欠場は、QBスタフォードに焦りを生んだのかもしれない。この後のプレーで、エンドゾーンのWRバン・ジェファーソンを狙った強引なパスを、ベンガルズのSジェシー・ベイツにインターセプトされた。

 しかし、ここでベンガルズに思わぬ反則が出た。この試合ではインアクティブの、ベンガルズCBのハーグリーブスがインターセプトを喜ぶあまり、フィールドに入ってセレブレーション。アンスポーツマンライクコンダクトを取られてしまったのだ。ハーグリーブスは、スタイルしておらず、Tシャツにサンダル履きの軽装。「選手ではなく関係者」と放送されてしまったのも無理はなかった。あまり目にしたことがないペナルティーだった。

 前半残り2分でのエンドゾーンでのインターセプト、タッチバックで自陣20ヤードからのオフェンスとなるはずが、ハーフディスタンス罰退で、自陣10ヤードからとなってしまった。自陣内での10ヤードの差は大きかった。ベンガルズは、QBバロウが2本のパスを決めてファーストダウンを奪ったが、その後ラムズOLBレナード・フロイドにサックされて8ヤードのロス。結局パントとなってしまった。

 ベンガルズのザック・テイラーヘッドコーチ(HC)は試合後、「あれは愚かなことだった。我々は規律あるチームだと自負していたが、あれは、非常に規律に欠けた瞬間であり、悔しかった。」と述べた。テイラーHCが悔しがるのも無理はなかった。ベンガルズのこの試合最初の反則罰退が、プレーではないこの行為だったからだ。

 6日後、NFLはハーグリーブスに対して、5555ドルの罰金を科すことを発表した。

 ハーグリーブスは今シーズンの終盤にベンガルズに入団、最終週のブラウンズ戦で負傷してポストシーズンの試合は出ていなかった。契約は今季限りだ。ハーグリーブスが、汚名を晴らす機会がこの後訪れるのだろうか。

 1巡上位指名、ポジションTOP3の指名だった

 スーパーボウルの舞台で、注目を集めた3人は、2016年ドラフトの同期生。それどころか、CBのポジションではTOP3のエリートだった。ラムジー(フロリダ州立大)は1巡全体5位ジャガーズが指名した。アップル(オハイオ州立大)は1巡全体10位でジャイアンツが指名、ハーグリーブス(フロリダ大)は1巡全体11位でバッカニアーズ指名だった。

 CBは、1巡で指名されることが多いポジションだが、全体11位までに3人が指名されたのは、過去10年でこの2016年ドラフトだけ。それくらい、3人ともに評価は高かった。

 ちなみに大学時代の成績で、最もインターセプトが多かったのはハーグリーブス(10本)で、4本のアップル、3本のラムジーと続いた。複数のドラフトサイトが、ハーグリーブスをポジションNo.1と評価していた。アップルをトップCBと評価するサイトも多かった。

 3人がいずれも当初に指名されたチームにいないというのが、DBをドラフトで指名する難しさとは言える。ただ、ラムジーは、大型トレードでラムズに移籍後、スーパースターへの道を切り開いた。

 アップルは、3年目の途中でジャイアンツから放出されて以降、チームを転々として、現在のベンガルズが4チーム目。ハーグリーブスも、バッカニアーズを4年目の途中で放出され、テキサンズを経て、ベンガルズに流れついていた。

 彼らのドラフト同期生は、全体1位がライオンズQBジャレッド・ゴフ(ラムズ指名)、2位がコルツQBカーソン・ウェンツ(イーグルス指名)、3位はチャージャーズDEジョーイ・ボーサ、4位にカウボーイズRBエジキール・エリオット、7位には49ERSのDEデフォレスト・バックナー、スーパーボウルでサックを決めたラムズOLBフロイド(ベアーズ指名)もこの年の1巡9位だ。

 下位指名では、2巡45位でタイタンズのRBデリック・ヘンリー、2巡47位でセインツWRマイケル・ト-マス、4巡135位でカウボーイズQBダック・プレスコット、5巡146位で現ペイトリオッツOLBマット・ジュドン(ベアーズ指名)、5巡165位でチーフスWRタイリーク・ヒルという、スーパースターたちがそろっていた。

 2022年も、4月28日から3日間、NFLドラフトが開催される。指名されたエリートたちには数年後どんな運命が待っているのだろうか。

【小座野容斉】

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事