close

2022-05-10

フジタ“Jr”ハヤトがガン乗り越え、7・1後楽園で1895日ぶりリング復帰。東北ジュニア王者MUSASHIに挑戦【週刊プロレス】

7・1後楽園で1895日ぶりの本格復帰が決まったハヤト

ガン闘病中のフジタ“Jr”ハヤトの復帰戦がみちのくプロレス7・1後楽園ホール大会に正式決定した。対戦カードは王者MUSASHIとの東北ジュニアヘビー級選手権試合。ハヤトが望む“最前線への復帰”がいきなり実現した格好だ。

みちのく7・1後楽園での一騎打ちが決まったハヤト(写真右)とMUSASHI

2017年4月に左ヒザ外側側副靭帯完全断裂および内側側副靭帯部分断裂を負ったハヤトはその治療過程にあった2018年夏に脊髄腫瘍髄内腫瘍上衣腫によるガンが発覚。腫瘍が神経にふれる箇所に生じてしまったため、完全に切除すると下半身に障害を負ってしまう可能性があった。そのため当初は抗がん剤による投薬治療を続けていたが、腫瘍の肥大にともない日常生活に支障をきたす痛みを覚えるように。

痛みを緩和するため腫瘍の一部を切除手術をおこなった。その副作用から一時は車イスを使用した生活を送っていたが、リハビリの結果、杖での歩行、そして自力で歩けるようになった。

だが、ガンとの闘いにゴールは見えない。病魔に打ち勝つためのカンフル剤として2019年12月13日に一夜限りの限定復帰をおこなったが、翌2020年に再び腫瘍が肥大。切除手術をおこなうなど、苦しい闘いは続いていたが、昨年夏ごろから容体が安定。週刊プロレス本誌に掲載された年頭のインタビューでは「あったかくなるごろに復帰できたら」と話していた。
2019年12月、ガンとの闘いを乗り越えるためのカンフル剤として一夜限定復帰を果たしたが、その直後に腫瘍が再発
その後、治療とリハビリ、そして極秘裏にトレーニングを開始していたハヤトはみちのくプロレス「ゴールデン・ウィーク」シリーズ最終戦の5・8岩手・滝沢大会にサプライズ来場。同大会で東北ジュニアヘビー級王座防衛に成功したMUSASHIに「次の挑戦者は俺だ。よろしく」と挑戦表明。“一夜限定”などの枕詞のつかない本格復帰を宣言した。

そんな“みちのくの神の子”に対して、現在のみちのくをけん引するMUSASHIは「いつまでも上からもの言ってんじゃねぇぞ。やってやってもいい。ただな、言っとくぞ。お前が知ってる昔の俺じゃねぇぞ」と呼応。新崎人生コミッショナーの両者の対決にゴーサインを受け、みちのくプロレスは7・1後楽園ホール大会を決戦に舞台に指定。5月10日に正式アナウンスされた。

前述した19年12月の一夜限定復帰戦をのぞけば、ハヤトは2017年4・23ZERO1いわき大会以来、じつに1895日ぶりの本格復帰となる。またハヤトとMUSASHI(当時は佐々木大地)のシングルマッチは2015年4月28日の滝沢大会以来、7年3カ月ぶり。

ハヤトは一度も負けたことのない後輩との闘いに「(MUSASHIも)強くなってるとは思いますよ。でも、俺の方が強い」と相変わらずの強気を貫く。その一方で自身の体調に関して医師のゴーサインは出たという一方で、「いつ再発するかなんてわからないので。そこをビビッてても、ずっと試合できないし。連戦とかは厳しいかもしないけど、できる時は試合しようって。常に痛さはあるんですけど、試合しちゃえば関係ないし」と現状を明かす。さらに「ほかの選手より、けっこう選手として終わりが近いような状態なので。一戦一戦悔いのないように、命かけて思い切り、皆さんの前で、やり過ぎぐらいがちょうどいいハヤトをみせられるように」と決意を語る。
みちのく5・8滝沢大会にサプライズ来場したハヤトはリング復帰を宣言
だが、5年3カ月ぶりの復帰となるハヤトを迎え撃つMUSASHIにも意地がある。「長期欠場してて、復帰戦でいきなりタイトルマッチ。ずいぶんナメられてるなって思いますね。本人はやる気かもしれないけど、結果は見えてる。あの人が休んでるあいだ、自分は遊んでたわけじゃないし、海外に行って帰ってきて、ベルトを取って取られて、取り返して。もがいてもがいて、ここまできてるので。そんな弱いチャンピオンじゃない。悲惨な現実になると思います」と厳しい口調で通告。「プロレスはそんな甘くないですよ。残酷な結果が出ると思います」。団体をけん引する現チャンピオンとしてのプライドをむき出しにしながら、リングに帰ってくる先輩を「(復帰戦でハヤトのキャリアは)終わるんじゃないですか」と言ってのけた。

7・1後楽園ホール大会はハヤトの、MUSASHIの、そしてみちのくプロレスの今後を左右する大一番。ガンとの闘いはまだまだ続く。それでもリングに帰ってくることを決意したハヤトがみちのくプロレスに大きな刺激をもたらす。
タグ:

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事