close

2022-06-23

XはまさかのGHCヘビー級王者・小島聡!「史上最大のXとして黙っていられませんでした」【週刊プロレス】

23日、NOAH新宿大会の第1試合にXとして新日本プロレス・小島聡がサプライズで登場した。

この日の対戦カードはアレハンドロ、原田大輔の欠場によって変更。第1試合で近藤修司&Hi69と対戦する清宮海斗のパートナーは“X”となっていた。

超満員札止めに膨れ上がった新宿FACEにまずは金剛の近藤とHi69が登場。続いて、清宮が1人で現れ、注目のXは…なんと小島聡! 

4・30両国でも「史上最大のX」としてNOAHマットに現れ、サイバーファイト・フェスティバル6・12さいたま大会でGHCヘビー級王者となった小島の入場テーマ曲がかかると場内は大きなどよめきに包まれた。近藤&Hi69はゴング前から小島を急襲。激しく攻め立てたが、小島は逆転。

清宮が近藤に果敢に向かっていく場面もあり、小島が近藤に対して「久しぶりだな」と約12年ぶりの対戦を意識する場面もあり、第1試合から大盛り上がり。小島がラリアットの打ち合いで近藤を倒すと、清宮が近藤にミサイルキック。最後は小島がHi69をラリアットで料理した。

試合後の小島は「NOAHがXと発表し、史上最大のXとして黙っていられませんでした。史上最大のXがNOAHのXで登場する。それが今回、私に課せられた使命だと思ってます。とてもいいリング。新宿FACEも久しぶりだし。近藤修司も久しぶり。プロレスやってるといろんなことがあるよ。本当に楽しくてしょうがない」とコメント。NOAH7・16日本武道館大会では拳王を挑戦者に迎えてGHCヘビー級王座初防衛戦に臨むが、欠場者が続出したNOAHに緊急参戦する男気を見せ、チャンピオンとして、そして「史上最大のX」として責務をまっとうした。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事