close

2022-07-05

PR

週プロ早版7・20号(No.2191)フジタ“Jr”ハヤト、ガン闘病から復帰戦でいきなり東北ジュニア奪取!/GLEAT旗揚げ1周年/KUSHIDA国内復帰戦。7月6日(水)発売 定価560円

毎週水曜発売(一部地域はことなります)の週刊プロレスの内容、見どころを発売一日前の火曜に紹介します。

 今週号の表紙はみちのく後楽園大会でガン闘病から5年ぶりの本格復帰を飾ったフジタ“Jr”ハヤトです。復帰戦でいきなり東北ジュニア王座を奪取したハヤトの復活&快挙に感動の嵐となった試合リポートは必読。

 巻頭カラーは旗揚げ1周年記念大会を昨年と同日同会場で開催したGLEATの東京ドームシティホール大会リポート。旗揚げイヤーのMVPといえるリンダマンが井土徹也を退けてG-REX王座V3達成したほか、LIDET UWFルールの2試合など、各選手がGLEATしまくった大会を詳報。巻末言では鈴木裕之社長に1年の総括と今後の展望を聞いてます。

 新日本はKUSHIDAが3年半ぶりに国内復帰戦を勝利した後楽園大会を詳報。WWEから新日本へ戻った理由を語った試合後コメントも再録。新日本関連ではアメリカ・シカゴでおこなわれたAEWとの合同興行もリポート。

 DDTは後楽園でKODトーナメント準決&決勝を開催。悲願の初優勝を達成した樋口和貞はKO-D無差別王者となりDDTの強さの象徴に。欠場中の前王者・遠藤哲哉も来場するなど注目の大会は必読。企画ものではついに復帰が決まった竹田誠志、ブードゥ入り後の諏訪魔、仙女の絶対王者・橋本千紘のインタビュー。伊藤麻希の福岡凱旋ものなども注目。

 そのほかスターダム後楽園&大阪、NOAH郡山&山形、ドラゲー神戸、大日本・後楽園ほか、アイスリボン川口、ガンプロ新木場など掲載。水曜発売(一部地域は発売日は異なります)。
 
みちのく7・1後楽園~東北ジュニア◎フジタ“Jr”ハヤトvsMUSASHI「生きる」



 「マジで、あきらめなくてよかった」

 ガンと闘いながら、それでもリングに戻ってきた。命を燃やすような5年ぶりの本格復帰戦を終え、フジタ“Jr”ハヤトは男泣きに泣いた。

「怖かった…(涙)。でも、また生きてあのリングに帰れるんだって思ったら、やっぱ嬉しくて…」

 17年4月に左ヒザじん帯完全断裂という重傷を負った。その治療過程で脊髄腫瘍髄内腫瘍上衣腫、つまりガンがわかったのが翌18年夏だった。19年12月、闘病のモチベーションとして一夜限定復帰を果たしたが、ハヤトのなかでは「あれで最後だと思ってた。思いっきりやって、思いっきり散ろうって」。事実、体調は悪化し、復帰を視野に抗ガン剤治療を続けていたハヤトは、年が明け、ついにメスを入れた。

 手術しても体調が劇的に良くなることはなかった。俺ならいける。リングに戻る。ガンが再びハヤトを襲う。もう無理かな。何度も葛藤した。気づけば5年が経っていた。

 今年に入り、復調を見せた。ガンは10年再発しなくて、はじめて治ったと言える病。正直言えば痛みは常に付きまとう。それでもいましかなかった。5・8滝沢にサプライズ登場したハヤトは復帰宣言とともに「みちのくので一番強いヤツ」、つまりかつての後輩で現東北ジュニア王者・MUSASHIに挑戦表明した。

 舞台は7・1後楽園ホール。左ヒザのケガから、じつに1895日ぶりの本格復帰戦に向け、ハヤトは戦前から強気発言を連発していたが、それは闘いを盛り上げ、自らを鼓舞するため。誰よりもプロレスを愛するハヤト。プロレスのリングが半端じゃないことは当然わかっていた。新世代のエースと言われるMUSASHIが強いことは百も承知。嗚咽とともにもらした「怖かった」という言葉は間違いなく本音だった。

 だけどやっとリングに帰ることができる。恐怖も喜びも怒りも絶望も夢も希望も。プロレスラー、フジタ“Jr”ハヤトのすべてをさらけ出せるリングこそ彼が生きる場所だった。(松川)

 ◇  ◇  ◇

 詳細は7月6日(水)発売の週プロ誌面にて。週プロmobile内「週プロ早版」ではその他の掲載コンテンツも紹介しています。

 詳しくは以下のサイトを参照してください。
http://wp.bbm-mobile.com/sp2/default.asp

「週刊プロレスmobileプレミアム」では、従来の「週刊プロレスmobile」に加え、毎週水曜午前0時に最新の「週刊プロレス」を電子版で読むことができます。

 価格はなんと月額1098円(税別)。「週刊プロレスmobileプレミアム」はクレジット決済になりますので、従来の「週刊プロレスmobile」の携帯電話会社のキャリア決済では加入できなかった皆様も入会可能。スマートフォン、タブレットでいつでもどこでも「週刊プロレス」と「週刊プロレスmobile」を読むことができます。しかも、加入月は0円!(※「加入月0円」は初回のみ)。

 さらに、2015年9月より約7年間分の「週刊プロレス」のアーカイブも閲覧できます(一部を除く)。その他のバックナンバーも随時、追加中。各号に目次機能もついており、読みたいページにすぐアクセスできます。また、ワード検索もあり、お気に入りの選手や団体の記事にすぐたどり着けます。

 登録方法は簡単3ステップ! 週刊プロレスmobile内に表示される「週刊プロレスmobileプレミアム」案内ページの「プレミアム版に登録」をタップし、①メアドとパスワードを登録、②クレジットカード情報を登録、③アンケートにご協力いただき…登録完了!

 プロレスファンにとって超お得な「週刊プロレスmobileプレミアム」を、ぜひご利用ください!

↓「週刊プロレスmobileプレミアム」詳細
https://wp.bbm-mobile.com/lp/wp3/Landing_20200331.html

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事