close

2022-09-06

PR

週プロ早版9・21号(No.2202)清宮がN-1制覇!/新日本の後楽園に歓声戻る/TAKA&舞華師弟対談。9月7日(水)発売 定価560円

毎週水曜発売(一部地域はことなります)の週刊プロレスの内容、見どころを発売一日前の火曜に紹介します。


今週号の表紙はNOAH大阪ビッグマッチ「N-1 VICTORY」最終戦で鈴木秀樹を下して、見事に優勝を果たした清宮海斗です。約3週間の過酷なリーグ戦を制した清宮はGHCヘビー級王者・拳王との頂上決戦へ。同大会はグレート・ムタのラスト大阪。新日本のグレート-O-カーンとの魔界&帝国同盟を結んだものの一夜崩壊など優勝戦以外にも注目カード満載。巻頭カラーで詳報します。

新日本はアフターG1となる秋の新シリーズが開幕。G1では結果を残せなかったものの注目度は下がっていないオーカーンインタビューほか、久々に歓声解禁となった聖地・後楽園大会をリポート。

全日本旗揚げ50周年記念の日本武道館大会へ向けて宮原健斗にインタビュー。いま三冠王者・諏訪魔へ挑戦する意味、日本武道館に対する思いを聞いています。またTAKAみちのくデビュー30周年記念の代々木大会へ向けた特別企画として弟子である舞華とスペシャル師弟対談を企画。プロレス界に数多い弟子の中でもTAKAが舞華を対談相手に指名した理由とは…。

スターダムは「5★STAR GP」中盤の高松&広島2大会を追跡。DDTは名古屋でビッグマッチ開催。KO-Dタッグ戦、電流爆破マッチなど中心にリポート。そのほかドラゲー大阪、FREEDOMS後楽園、アイスリボン大阪、東京女子・名古屋、大日本・淀川など掲載。水曜発売(一部地域は発売日は異なります)。


NOAH9・3大阪~N-1優勝決定戦◎清宮海斗vs鈴木秀樹「清宮海斗の強さ」



長く険しい過酷な道のりだった。清宮海斗がようやくNOAHの頂点に返り咲くことができたのである。GHCヘビー級王座から陥落したのが'20年1月。実に2年8カ月ぶりに「N-1 VICTORY」制覇というシングルの栄光をつかんだ。

その間、GHCヘビー級王座に1回、GHCナショナル王座に3回それぞれ挑戦。N-1では一昨年の準優勝、昨年のベスト4。昨年夏にはスランプ状態に陥り、プロレスについて葛藤。今年1月には新日本との対抗戦のメインイベントでオカダ・カズチカ&棚橋弘至に敗れ、悔し涙を流した。4月に藤田和之の新型コロナウイルス感染で両国国技館大会のGHCヘビー級王座決定戦にスクランブル発進したが、潮崎豪に敗北。いつもあと一歩が遠かった。

自分がNOAH…いや、プロレス界の未来を担うような輝きを放たなければいけないこともわかっている。しかし、期待をことごとく裏切り、大きな結果を出せずにいた。悔しい。悩んだ。迷った。若くして瞬く間にトップ戦線に食い込んだ26歳にとって、ここまでの2年8カ月間は大きな挫折と言ってもいい。

ただその間の葛藤や経験はかけがえのない財産となった。清宮自身も挑戦をあきらめることはなかったし、どんなに期待を裏切り続けてもファンはそのたびに力をくれた。

大きな転機となったのは7・16日本武道館。来年2月に引退を控える武藤敬司に4度目のシングルで初勝利。試合後、シャイニング・ウィザード、足4の字固め、ドラゴンスクリューを伝授され直接指導もされた。

迎えたN-1。清宮は開幕2連敗でいきなり崖っぷちに立たされたが、8・14広島の中嶋勝彦戦で武藤殺法を解禁すると、一気に5連勝でBブロック1位突破。船木誠勝、小島聡という業界を代表とするビッグネームとの初シングルも制している。

決勝の相手は鈴木秀樹。いわく「世界で一番過酷で激しく質が高いリーグ戦」を生き抜いていたフリー。決戦前日の会見では「リーグ戦優勝するか、死ぬかのどちらか」と覚悟を語っていたし、開幕前には「努力が報われるということが絶対にない世界をみなさんに見せたい」と結果だけにこだわるリアリストだ。(井上)

 ◇  ◇  ◇

詳細は9月7日(水)発売の週プロ誌面にて。週プロmobile内「週プロ早版」ではその他の掲載コンテンツも紹介しています。

詳しくは以下のサイトを参照してください。
http://wp.bbm-mobile.com/sp2/default.asp

「週刊プロレスmobileプレミアム」では、従来の「週刊プロレスmobile」に加え、毎週水曜午前0時に最新の「週刊プロレス」を電子版で読むことができます。

価格はなんと月額1098円(税別)。「週刊プロレスmobileプレミアム」はクレジット決済になりますので、従来の「週刊プロレスmobile」の携帯電話会社のキャリア決済では加入できなかった皆様も入会可能。スマートフォン、タブレットでいつでもどこでも「週刊プロレス」と「週刊プロレスmobile」を読むことができます。しかも、加入月は0円!(※「加入月0円」は初回のみ)。

さらに、2015年9月より約7年間分の「週刊プロレス」のアーカイブも閲覧できます(一部を除く)。その他のバックナンバーも随時、追加中。各号に目次機能もついており、読みたいページにすぐアクセスできます。また、ワード検索もあり、お気に入りの選手や団体の記事にすぐたどり着けます。

登録方法は簡単3ステップ! 週刊プロレスmobile内に表示される「週刊プロレスmobileプレミアム」案内ページの「プレミアム版に登録」をタップし、①メアドとパスワードを登録、②クレジットカード情報を登録、③アンケートにご協力いただき…登録完了!

プロレスファンにとって超お得な「週刊プロレスmobileプレミアム」を、ぜひご利用ください!

↓「週刊プロレスmobileプレミアム」詳細
https://wp.bbm-mobile.com/lp/wp3/Landing_20200331.html

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事