close

2020-10-20

【私の“奇跡の一枚” 連載89】“超人大関”増位山 父の現役時代最大の後悔

当時167センチ、70キロという15歳の細い体には、すでにすさまじいまでのドラマが詰まっていた(左から2人目)

長い人生には、誰にもエポックメーキングな瞬間があり、それはたいてい鮮やかな一シーンとなって人々の脳裏に刻まれている。
 相撲ファンにも必ず、自分の人生に大きな感動と勇気を与えてくれた飛び切りの「一枚」というものがある――。
 本企画では、写真や絵、書に限らず雑誌の表紙、ポスターに至るまで、各界の幅広い層の方々に、自身の心の支え、転機となった相撲にまつわる奇跡的な「一枚」をご披露いただく。
※月刊『相撲』に連載中の「私の“奇跡の一枚”」を一部編集。平成24年3月号掲載の第2回から、毎週火曜日に公開します。

『相撲』創刊号掲載の新弟子

 相撲ファンにとってはもちろん、協会関係者にとっても欠かせぬ本誌のそもそものルーツは、昭和11(1936)年に“大日本相撲協会機関誌”として華々しく協会から直接創刊された『相撲』誌にある。

 その創刊号(「夏場所特集」=昭和11年5月1日発行)に掲載されていたのが、この「新弟子検査風景」写真。10年1月場所の検査で、左に立っている眼付きの鋭い新弟子が私の父(元大関増位山大志郎、先々代三保ヶ関)の若き日の姿である。同期生にはのちの横綱照國、小結の若瀬川がいた。

 この力士の卵の並々ならぬ決意の表情を見るたび、私はここからのオヤジの波瀾万丈の相撲人生に思いをめぐらせてしまうのである。

 貧しかった子ども時代から、父はいろいろなバイトで鍛えた体は、細かったが非常に強靭で、マッチの芯となる材木を運んだことでずいぶん力がついたと聞いている。

秘話 酒をやめたばっかりに……

 ここで一つ秘話を公開しよう。入門後、旧大阪相撲の小部屋(三保ケ関部屋)出身という悲哀を味わいながらも、相撲への研鑽著しかった父は、尊敬し憧れてやまなかった大横綱双葉山をして「ワシを倒すのは増位山かも」と言わせるほどに。そして猛稽古の一方、好きな酒を楽しみながら大関になり、それにふさわしい見事な成績を挙げ始めた。当然横綱の声もかかる。

 だが人生何が起こるかわからない。大関になったんだからさらなる高みを目指すためにも、少し酒を控えたほうがという母の忠告にうなずいた父は、そのまま断酒に踏み切ったのだ。だがそのうちヒジから肩にかけての激しい痛みに襲われるようになった。不調はさらなる不調をきたし、様々な治療法を試みても治らない。横綱になりかけ、綱打ちの準備までしてくれた後援者がいたというのに、潔く引退する決意を固めたのは、満足な相撲も取れないこの痛みが直接の原因だった。

 ところが何たる皮肉だろう。引退して、もういいだろうと酒を飲み始めたら、その痛みが嘘のように次々と消えていったという。もともと上り坂だったところに、体が復調したのだからたまらない。稽古をしても以前よりずっと強くなっていると周囲を驚かせたという。

 本人もこれなら、と体調と自信を取り戻し、力道山と同様、現役復帰を願い出たが、(力士会ほかで)認められなかったという話はここからきている。人生何が起こるかわからない。

 その昔横綱栃木山が、現役引退から数年たっても、現役横綱を相手に力士選士権で優勝してしまった話があるように、昔からとてつもない力を持った人という人がときおりいるものである。

 父もその超人タイプだったのだ。引退後30年、父が50歳、私が20歳で新十両になったとき、稽古をしたが、その百戦練磨の技ではもちろん、力でも勝てなくて、舌を巻いた覚えがある。

 オヤジの現役時代の最大の後悔は、横綱になれなかったこの一点。だが、親方としても苦労続きだった。そこでよく言っていたのは「人生は苦労だと思ったら生きていけない。苦労が人生だと思えば何のことはない」。昭和59年11月に65歳を迎えたときには、「まるで俺の停年を祝ってくれるようだ」と、翌60年1月の新国技館開館を喜んだ。平成の賑わいにも天からずっと熱い拍手を送り続けたであろう父。令和元年の今年は生誕100年(大正8年生まれ)を迎える。

語り部=増位山太志郎(元大関増位山。父子大関の子。年寄名三保ケ関。本名沢田昇。現歌手)



PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事