11月7日(木)、さいたまスーパーアリーナでWBC世界バンタム級王座統一戦12回戦で正規王者ノルディーヌ・ウバーリ(33歳=フランス)を迎える暫定王者・井上拓真(23歳=大橋)が29日、同ジムで公開練習。シャドーボクシング、ミット打ちを披露して、切れ味鋭い動きを見せた。

上写真=鋭い視線で相手を見据える。集中力の高さが際立っている

 前日の兄・尚弥同様、わずか10分ほどの公開練習。先々週まで、週1度、マスコミ向けに練習を公開してきたが、回を重ねるごとにシャープさを増しており、好調ぶりはたちまちのうちに広まった。そしてこの日もまた一段とキレキレの動きを示す。

大橋会長(右)、父・真吾トレーナーともに拓真の急成長に目をみはった

「昨年末(暫定王座決定戦)の姿とは別人」(大橋秀行会長)、「試合が決まった当初は厳しいと感じていたけれど、いい伸び方をしている。いまは、最低でも五分以上の戦いができる」(井上真吾トレーナー)と、両参謀も太鼓判を押す状態だ。

重心を落として放つ強打もひとつのポイントとなる

 当然、すでに減量期に入っており、頬もシャープに削げ落ちているが、それでもシャドー、“仮想ウバーリ”と化す太田光亮トレーナーとのミット打ちでの反応の素晴らしさは、過去最高の出来といってもいい。

 真吾トレーナーが語る。
「ナオは状態が安定しているけれど、タクは(良いときと悪いときの)波が激しかった。けれど、スイッチが入ったときのタクは凄い。前は(相手を)見過ぎたり、考え過ぎたりしていたけれど、いまは反応から対応が早くできている」

前の手(左)のせめぎ合い。これに大いなる自信を得た

 危機感が成長を促したのだと思う。兄・尚弥の叱咤激励も手伝って、一挙手一投足に集中力が増した。ジャブ一発打つにしても、見違えるようだ。緊迫感は、リングサイドにビシビシと伝わってくる。

 気負うことなく、自分の持っているものを出し惜しみせず出せれば──。真吾トレーナーは大きな期待を込める。あとは、当日のリングに上がるときの“メンタル”がポイントとなる。

 サウスポーのウバーリは、2008年北京五輪(ライトフライ級=2回戦敗退)、2012年ロンドン五輪(フライ級=ベスト8)出場の試合巧者。リラックスした状態から小気味よく放つ連打が厄介な相手。前の手同士が交錯する駆け引き、手を出させて引き込んでのカウンター、互いの後ろ手の争い、連打を打たせない戦い方等々、見どころは満載だが、すべてをひっくるめて「自分の距離をキープして戦うことがカギ」と拓真は思い描いている。

ステップワーク、ターンのスピードも、拓真の持ち味。これも存分に発揮したい

「しっかり勝って、兄にバトンをつなぎたい」という想い。同時に「正規王者になって認めてもらいたい」という自身の強い願い──。

「挑戦者のつもりで、思いきりいく」。頭は冷静に、体は熱く。迷うことなく瞬時の判断、決断を下し、体で反応する。それだけのものは、兄・尚弥同様、積み重ねてきた。「試合が楽しみ」と、豹のような鋭い眼差しで語る拓真には、自信がほとばしる。

オンリーワンになってみせる! 拓真の覚悟と決意に期待

「オンリーワンになる」。拓真が強く望み、入場曲『ONE』(AK-69)に込めた希望。それを現実のものにする日まで、あと8日──。

文&写真_本間 暁

おすすめ記事

ボクシング・マガジン 2019年11月号


This article is a sponsored article by
''.