11月7日、さいたまスーパーアリーナでWBSSバンタム級決勝に臨むWBA世界同級スーパーチャンピオン、ノニト・ドネア(フィリピン)が31日、都内の帝拳ジムで記者会見と公開練習を行った。最強のバンタム級とも言われる井上尚弥(大橋)との対戦に「これまでの人生をとおしてやってきたことすべてを披露する」と決意を語った。

写真上=帝拳ジムで2ラウンド、シャドーとミットの練習を披露したドネア

 自宅のあるアメリカ・ラスベガスから故郷フィリピンのマニラに飛んで最終調整し、前日に来日。そんな旅程と、マニラでは「タイプの違うパートナー相手に、厳しいスパーリングでトレーニングを締めくくった」こともあってか、ときおり表情に疲れの色がにじむ。刻まれたしわに36歳(11月16日で37歳)の年齢を感じさせもする。

 だが、きつい質問にもあわてず、笑顔まじりのコメントに終始した『大人』の会見、左のフック、アッパーにちょっぴりとだけ本気を混ぜ込んだシャドーボクシングにミット打ちにはオーラが香る。やはり、ドネアはスーパースターだった。

「調子も上がっているし、それよりもわくわくしているよ」

 5階級制覇の名チャンピオンは、フェザー級からかつて絶対の強さを誇ったバンタム級に帰ってきてこれが3戦目。この前の2戦は、内容はどうであれ、いずれもKO 勝ちと結果は残して来ただけに、一気に昔の切れ味を取り戻す可能性もありそうだ。

画像: 父ノニト・シニアのミットに鋭い右を叩きこむ

父ノニト・シニアのミットに鋭い右を叩きこむ

「バンタム級こそ自分のウェイトだと思う。以前は対戦相手がいなかったが、今は強い相手もたくさんいて、やりがいがある」

 その「やりがいがある」最大の相手こそが、井上であるのは、むろん、理解している。

「才能があるボクサーだ。スピードとパワーをともに持っている。私と同じようにね。リングの上ではとても危険な存在だ」

 強いからこそ、プロのファイターとして、なお血が騒ぐ。

「常に命をかけて戦ってきた。それができたのも自信があってこそだ。今までたくさんの栄誉を勝ち取ってきたが、今、一番ほしいのはWBSS で優勝して、バンタム級最強を証明することだ」

 一代の英雄は胸ある決意をもう一度確かめるように、一瞬だけ唇をキュッと結んだ。

文◎宮崎正博
写真◎山口裕朗

おすすめ記事

ボクシング・マガジン 2019年11月号


This article is a sponsored article by
''.