close

2021-09-27

NOAH「N-1 VICTORY」ベスト4進出は清宮海斗、拳王、中嶋勝彦、船木誠勝【週刊プロレス】

「N-1 VICTORY 2021」決勝トーナメント進出を決めた(右から)清宮海斗、船木誠勝、中嶋勝彦、拳王

全ての画像を見る
9月26日、プロレスリング・ノアのシングルリーグ戦「N-1 VICTORY 2021」の第5戦が東京・後楽園ホールにておこなわれた。

 過去最多となる16選手エントリーのもと4ブロック制でおこなわれてきたリーグ戦も、いよいよ最終盤。各ブロックの得点1位が10・3後楽園で1DAYトーナメントをおこない、優勝者が10・10大阪で丸藤正道の持つGHCヘビー級王座に挑戦する。

 各ブロックの最終リーグ戦となったこの日、Aブロックを勝ち抜いたのは武藤敬司の足攻めに耐え抜き、引き分けに持ち込んだ清宮海斗。

 Bブロックはベテラン・望月成晃を破った拳王が逆転で1位通過。

 Cブロックは昨年度覇者の中嶋勝彦が桜庭和志との注目の初シングルを制し、決勝トーナメントへ。

 DブロックはN-1初出場の船木誠勝が同じく初出場の藤田和之との全勝対決を制し、3連勝でリーグ戦を突破。

 この結果により、10・3後楽園でおこなわれる1DAYトーナメント1回戦の組み合わせが以下の通り決定した。

「N-1 VICTORY2021~NOAH NUMBER ONE PRO-WRESTLING LEAGUE~」
★10月3日(日)東京・後楽園ホール(11:30)
▼N-1 VICTORY 2021準決勝
◎<Aブロック1位>清宮海斗vs拳王<Bブロック1位>
◎<Cブロック1位>中嶋勝彦vs船木誠勝<Dブロック1位>


◆「N-1 VICTORY 2021」リーグ戦の結果

◆Aブロック
◎清宮海斗<2勝1分=5点>
 武藤敬司<1勝2分=4点>
 杉浦貴<1勝1敗1分=3点>
 征矢学<3敗=0点>

◆Bブロック
◎拳王<2勝1敗=4点>
 望月成晃<2勝1敗=4点>
 稲葉大樹<1勝2敗=2点>
 ケンドー・カシン<1勝2敗=2点>

◆Cブロック
◎中嶋勝彦<2勝1敗=4点>
 田中将斗<1勝1敗1分=3点>
 桜庭和志<1勝1敗1分=3点>
 鈴木鼓太郎<1勝2敗=2点>

◆Dブロック
◎船木誠勝<3勝=6点>
 藤田和之<2勝1敗=4点>
 マサ北宮<1勝2敗=2点>
 齋藤彰俊<3敗=0点>

※◎は決勝トーナメント進出
タグ:

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事