close

2021-10-02

天山広吉が師匠・橋本真也さんの息子・橋本大地と初対戦「親父をしのぐ力を持ってるかも」【10月2日は何の日?/週刊プロレス】

試合後、橋本大地の奮闘を称える天山広吉

2011年10月2日、ZERO1靖国神社大会で橋本真也さんの元付き人・天山広吉が橋本大地と初対決をおこなった。

 同年でデビュー20周年の天山が自身の20周年記念興行前日にZERO1に初参戦。相手はかつて付き人を務めていた橋本真也さんの息子である大地だった。

 天山は序盤に大地のキックを食らってダウン。試合後に「アレはヤバかった」と振り返るほどの威力だった。そこから不屈の這い上がりを見せるのが天山の猛牛魂だ。

 マウンテンボムで形勢逆転すると、TTDからアナコンダバイスにつないで勝利を収めた。試合後、天山は「オレが新弟子の頃、こんなちっちゃいヨチヨチ歩きの子がリングに上がって目の前にいるなんて想像できなかった。もしかしたら親父をしのぐ力を持ってるかもしれない。次やることがあったら楽しみです」と大地を評価。この日、橋本から叩き込まれたプロレスを息子である大地に身を持って伝えた。それは亡き師・橋本真也さんへの形を変えた恩返しでもあったのである。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事


RELATED関連する記事