close

2021-10-23

ジャンボ鶴田が367日ぶりの復帰戦で14発のオーッ!「必ず完全復帰します」【10月23日は何の日?/週刊プロレス】

ジャイアント馬場と一緒に「オーッ!」を決めるジャンボ鶴田

全ての画像を見る
 1993年10月23日、全日本プロレス日本武道館大会でジャンボ鶴田が367日ぶりの復帰戦をおこなった。

 場内に「J」のテーマが流れると、1万6300人のファンが一斉に「ツ・ル・タ、オーッ!」と一斉に拳を突き上げる。急性肝炎で倒れてから1年。何度となく「引退」「再起不能」と言われた。

 しかし、鶴田は長い闘病生活を乗り越えてリングに帰ってきた。復帰戦ではジャイアント馬場&ラッシャー木村と組んで、渕正信&永源遙&泉田竜角と対戦。豪快なキチンシンク、十八番のジャンピング・ニー、師弟合体“30文砲”と決めた。

 あとはバックドロップだけというところで、泉田が木村のブルドッキング・ヘッドロックで沈んだ。試合後の鶴田は「感無量ですね。全日本プロレスのリングに上がれるっちゅうだけで嬉しかった。自分がここにいるってことだけで奇跡ですからね」と喜んでいた。

「必ず完全復帰しますから、もう少し長い目で見てください」

 367日ぶりの復帰戦は全盛期のファイトとは程遠かったが、鶴田は完全復活を宣言。その声は14発の「オーッ!」でかれていた。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事