close

2022-03-27

【相撲編集部が選ぶ春場所千秋楽の一番】若隆景、髙安との決定戦を制し初優勝

激しい攻防の末、髙安が前に出るところを右で廻しをつかんだ若隆景が上手出し投げで逆転、新関脇で初優勝を飾った

全ての画像を見る
優勝決定戦
若隆景(上手出し投げ)髙安

2敗で若隆景、髙安、3敗で琴ノ若という星の並びで千秋楽に突入。結果次第では巴戦の可能性もあった琴ノ若だが、豊昇龍に敗れて初優勝の望みが断たれた。

勝って決定戦進出の権利をつかみたい髙安は阿炎と対戦。髙安は踏み込みが甘く、阿炎のモロ手突きに上体を起こされ防戦一方のまま送り倒された。阿炎は勝ち越しを決め、関脇の座を守った。

そして結びの一番。若隆景が正代に勝てば、初優勝が決まる。若隆景は低く当たって左右からおっつけて右を差し、左上手を取った。正代は上手が取れなかったが、右下手を引きつけて一気に前進。若隆景を土俵下に吹っ飛ばした。

これで優勝の行方は決定戦に持ち込まれた。東から若隆景、西から髙安が上がる。対戦成績は若隆景の分がいいが、一発勝負だけにわからない。本割は両者とも緊張感ありありだったが、悔いのない相撲を取ってもらいたい。

決定戦も時間いっぱいとなり、木村容堂の軍配が返る。髙安は右からカチ上げも若隆景は右に動きながら当たって、右からイナす。髙安もよく足を送って残し、下から押し上げ、左を差して下手を取ると、若隆景は右からおっつけ、右に動きながら振りほどく。若隆景がハズ押しから叩くと、髙安はそれに乗じて一気に前へ。土俵に詰まった若隆景は髙安の左手を手繰り、右で廻しをつかんでの投げで逆転。新関脇の優勝は双葉山以来86年ぶりの快挙となった。

「本割で負けて、次の一番、とにかく頑張ろうという気持ちでした。最後、何とか残せたという感覚はありました。うれしいんですけど、まだ実感は沸かないですね」と若隆景。

新関脇で12勝を挙げ、大関取りへの起点になった。「今場所は下からの攻めが特によかった。来場所が大事なので、しっかり稽古していい相撲を見せたい」とニューヒーローは気持ちを引き締めていた。

またしても、目前で賜盃が滑り落ちた髙安は、「全力を出し尽くして、こういう結果なので受け止めています」と静かに語っていた。

今場所の三賞は敢闘賞に髙安と琴ノ若、技能賞に若隆景の3人。横綱照ノ富士が途中休場し、大関陣も振るわない中、この3人が大阪場所を盛り上げてくれた。近年まれに見る面白い優勝争いだった。

文=山口亜土

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事