close

2022-05-12

DRAGONGATE後楽園大会に乱入したNOSAWA論外と鈴木鼓太郎に斎藤了GMがお説教!「NOAHジュニアの若い3選手を見習って」【週刊プロレス】

鈴木鼓太郎に正座を促す斎藤了GM

全ての画像を見る
11日、DRAGONGATE後楽園大会でおこなわれた箕浦康太withミノリータ&土井成樹&石田凱士vsラ・エストレージャ&飯橋偉進&藤原拓磨の一戦に、ペロス・デル・マール・デ・ハポンのNOSAWA論外&鈴木鼓太郎が乱入した。

試合はノーコンテストで終了。試合後、斎藤了GMがリングに駆け込んできて「ニュースで見ましたよ。NOAHと契約満了、職場探しですか!? だったら、きちんとやり方あるでしょ? おたくら2人、トライアングルゲートのチャンピオンです。このリングに上がる資格はあります。だけど、きちんとしてください! 試合は壊さないでください!!」とマイク。論外は「間違えた!」と非を認めて正座。鼓太郎はしない。斎了GMは鼓太郎に対し、論外を指して「うん」とせきばらい。すると鼓太郎も論外の横に正座。斎了GMが以下のようにお説教…。

「乱入するなら、先月同じくこのリングにやってきたNOAHジュニアの若い3選手(原田大輔&アレハンドロ&宮脇純太)の乱入を、きちんと見習ってください。乱入するのは、襲撃相手がキチンと試合が成立した後! リングに入ってきて、いきなり襲い掛かるわけでもなく、やさしく丁寧に襲撃! マイクを持ったと思えば、わめき散らすでもなく、おとなしく優しい声で自己紹介! そういう乱入を心がけてください! キャリア何年ですか? お行儀が悪いですよ! わかってます? 気をつけます? ご丁寧にコスチュームに着替えた、責任は取ってもらいますよ。試合を潰した責任は取ってもらいますよ。今からこの2人に試合してもらいましょう!」

5・5名古屋大会で論外&Eita&鼓太郎にオープン・ザ・トライアングルゲート王座を奪われている土井は「オレにもう1試合させてください」と臨戦態勢。ミノリータも「先月、そこのペロスの鈴木鼓太郎に負けちゃってるから、今ここでチャンスください!」と自己主張。斎了GMが「今から試合だ。ノーギャラだ! 開始!」とゴーサインを出した。
 
緊急決定試合としておこなわれた論外&鼓太郎vs土井&ミノリータの一戦は、鼓太郎がミノリータをブルーディスティニーで料理。試合後、論外は「すぐにでもDRAGONGATEファンの皆様の前で試合がしたい」と5・14多治見大会への参戦を宣言。斎了GMから「5月14日、そういえば、ウチのH・Y・Oが参戦しますけど、NOAHさんの横浜大会あるでしょ? そこ大丈夫なんですか?」と問われると「契約のことなんで、秘密主義なんで…」と前置きしながらも「大丈夫です。試合をぜひやらせてください」と答えた。

バックステージで論外は「トライアングルゲートのチャンピオンとして、DRAGONGATEさんで試合をしないと。オレはNOAHとの契約は満了してるから。ただ、いろんな人間が説明しろとか、いろいろ言うんだけど。ホント契約のことだから。いちいち、会社と個人の問題だから言えないんだよ。ただ、こうやって…NOAHではない場所でのオレたちの人気ぶり、見たか? 選択肢の1つとして、このリングもオレの頭の中にはあるよ。ただ契約の問題で、具体的なことはもうちょい待ってくれ。ホントいいお客さんだよ。ここの会社の選手も素晴らしいし、どっかとは大違いだな」と明言をさけていた。DRAGONGATEのトライアングルゲート王者となり、NOAHとの契約満了を明かしたペロスは今後どんな闘いを見せていくのか!?

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事